『ライオン・キング』賀来賢人らの吹替版に、ジョン監督が太鼓判「とてもうれしい」

名作アニメーションの同名実写版映画『ライオン・キング』ジャパンプレミアイベントが7月22日(月)、東京建物Brillia HALL 豊島区立芸術文化劇場にて行われ、来日したジョン・ファヴロー監督とプレミアム吹替版を務める賀来賢人らが登壇した。

最新ニュース レポート
『ライオン・キング』ジャパンプレミアイベント
  • 『ライオン・キング』ジャパンプレミアイベント
  • 『ライオン・キング』ジャパンプレミアイベント
  • 『ライオン・キング』ジャパンプレミアイベント
  • 『ライオン・キング』ジャパンプレミアイベント
  • 『ライオン・キング』ジャパンプレミアイベント
  • 『ライオン・キング』ジャパンプレミアイベント
  • 『ライオン・キング』ジャパンプレミアイベント
  • 『ライオン・キング』ジャパンプレミアイベント
名作アニメーションの同名実写版映画『ライオン・キング』ジャパンプレミアイベントが7月22日(月)、都内にて行われ、来日したジョン・ファヴロー監督とプレミアム吹替版を務める賀来賢人らが登壇した。

『ライオン・キング』は、命あふれるサバンナの王国プライドランドが舞台。偉大なライオンの王ムファサの息子として生まれたシンバは、王座を狙う叔父スカーの策略によって父を失い、王国を追放されてしまう。新たな土地で仲間と出会ったシンバは、自分が生まれた意味、使命を見出していく。


ジョン監督、メッセージについて語る



誕生から25年たち、2019年の今、人々に届けたいと思っているメッセージやテーマについて聞かれたジョン監督。質問を受けて、「我々は小さい頃、いかに自然の一部なのかをだんだんと知っていく、年を取ると世代から世代へと受け継がれていくものがある。ひとつの世代から次の世代へと受け渡さないといけないものがあると思っている」と真摯に思いを込めながら、「2019年のいま、世界はどんどん狭いところになっているので、みんながいかにつながっているか感じていただきたい、そんな意味も込めています」と観客へ語り掛けていた。


賀来さん、映像美に大興奮!「見たことがない!」



本作において、シンバの声を吹き込んだ賀来さんは、実写もアニメーションも超えた映像の“超実写版”について「いやあ、もう…! スタートからとんでもない映像美と壮大なスケールで、圧倒されました!」と感嘆の声をあげる。そして、「今まで本当に見たことがないエンターテインメントになっていると思います!」とジョン監督や観客に伝える。


賀来さんや日本版キャスト陣の声が入った作品を観たというジョン監督は、「最初はちょっと奇妙な感じだったんです。アメリカのオリジナルキャストの声を3年聞いていたので」と前置きをしつつも、「拝見して、とてもうれしく思いました。キャラクターのスピリットを声で表現してくれていたからです!」と大絶賛。これには賀来さんらもうれしそうに笑顔で応えていた。


そのほか、ジャパンプレミアイベントには、江口洋介、門山葉子、RIRIが登壇した。

『ライオン・キング』は8月9日(金)より全国にて公開。
《cinamacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top