『X-MEN:ダーク・フェニックス』、ほかのヒーロー映画の影響でエンディングを撮り直し

来月公開される『X-MEN:ダーク・フェニックス』のエンディングは、脚本・監督を担当したサイモン・キンバーグが当初予定していた内容と異なるという。

最新ニュース
『X-MEN:ダーク・フェニックス』キャストたち (C) Getty Images
  • 『X-MEN:ダーク・フェニックス』キャストたち (C) Getty Images
  • ジェームズ・マカヴォイ-(C)Getty Images
  • ソフィー・ターナー-(C)Getty Images
  • マイケル・ファスベンダー-(C)Getty Images
  • ジェームズ・マカヴォイ-(C)Getty Images
来月公開の『X-MEN:ダーク・フェニックス』のエンディングは、脚本・監督を担当したサイモン・キンバーグが当初予定していた内容と異なるという。

同作の撮影は、2017年10月に終了。しかし、1年後の2018年8月から9月に再撮影が行われたため公開日が2018年3月から2019年2月、さらに6月へと変更を余儀なくされた。再撮影について、『X-MEN』シリーズでプロフェッサーX役を演じているジェームズ・マカヴォイが「Yahoo!Movies UK」にこう語っている。

「(『ダーク・フェニックス』)のエンディングは、とてつもなく多くの変更があった。変えざるを得なかったんだよね。ちょっと前に公開されたほかのスーパーヒーロー映画との重なりや類似点があったから。ぼくたちには知る由もなかったけど…」。

また、エリック役のマイケル・ファスベンダーは「セットにスパイがいて、ぼくらのアイディアを盗んだんじゃないか」とさえ思っているようだ。

2人はどのスーパーヒーロー映画のエンディングと酷似していたかを明かさなかったが、「Collider」は時期を絞って『キャプテン・マーベル』、『マイティ・ソー バトルロイヤル 』、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』とし、その中でも『キャプテン・マーベル』のラストと“かぶった”のではないかと推測している。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top