少女たちの命がけの初恋描く『ラフィキ:ふたりの夢』予告編

ケニア映画として初めてカンヌ国際映画祭に出品され高評価を得た『ラフィキ:ふたりの夢』の公開初日が決定、ポップでカラフルなアフリカンカルチャーが彩る予告編と場面写真が到着。

映画 洋画ニュース
『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.
  • 『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.
  • 『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.
  • 『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.
  • 『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.
  • 『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.
  • 『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.
  • 『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.
  • 『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.
ケニア映画として初めてカンヌ国際映画祭に出品され、色彩豊かなアフリカンカルチャーと、初恋としきたりの狭間で葛藤する少女たちを描いて高評価を得た『ラフィキ:ふたりの夢』。日本での公開初日が11月9日(土)に決定し、ポップでカラフルなアフリカンカルチャーが瑞々しい予告編と場面写真が到着した。

ストーリー


『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.
看護師になるのが目標のケナは、古いしきたりにとらわれた周囲の人たちに満たされない想いを抱えていた。両親は離婚し、ナイロビで母と暮らしていたが、国会議員に立候補した父のことは応援している。そんな時、父の対立候補の娘で自由奔放なジキと出会う。互いに強く惹かれた2人は、「私たちは本物になろう」と誓い合う。だが、やがて2人は、この恋は命がけだと知る――。

“スパイク・リーの初期作品を連想させる”と絶賛!ケニア初のカンヌ出品作品


『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.ジキ役のシェイラ・ムニヴァ
ケニア映画としては初めてカンヌ国際映画祭に出品され、「スパイク・リーの初期作品を連想させる」と高い評価を得た本作。監督は、アフリカのみならず世界からいま最も輝く才能と絶賛されるワヌリ・カヒウ

『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.ケナ役のサマンサ・ムガシア
VJ、モデル、またアフリカのEDMシーンをリードするミュージシャンで、これが女優デビューとなるケナ役のサマンサ・ムガシアや、監督業もこなすジキ役のシェイラ・ムニヴァといった才能あふれるキャスト、そして製作陣にも女性たちがメインスタッフとして揃った。

本国ケニアでは上映禁止に!たった1週間限定の上映会に長蛇の列


『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.
ケニアでは女性の地位は確立されておらず、法律で同性愛も禁じられている。本作は上映禁止の措置が取られたが、ワヌリ監督が上映活動に奔走した結果、のちに1週間だけ限定公開された際は待ちわびた観客が長蛇の列をなした。

今回解禁となる予告編で、まず映し出されるのは、変わり映えのしない日常をおくるケナの前に現れた、レインボーのドレッドヘアと蛍光カラーのメイクがおしゃれな少女ジキとの出会い。ダンス、クラブ、お酒…彼女と過ごす時間はケナの価値観を大きく変えた。疾走していくケナとジキの友情は次第に小さな恋心へと変化していく。

しかし、そこに立ちはだかるのは、古いしきたりと偏見、同性愛を禁止する法律…社会の壁だった。病気とののしられ、反政府主義者とレッテルを張られ、暴力にさらされる。男性に求められる女であれ、普通であれと周囲から詰め寄られる中、2人はあの日約束した“本当の自分”でいられるのか…。


予告編前半、独特なアフロビートを聞かせるのは、アフリカHIPHOP界の女帝Muthoni Drummer Queen。「MTV Africa Music Award for Best Breakthrough Act」を受賞しており、イベントオーガナイザーという一面も持つ。

クリエイティブで世界へ飛び出そうとするケニア女性たちの手によって作り上げられた本作。2人の少女の初恋とともに描かれる、変革期を迎えつつあるアフリカンカルチャーを知るうえでも重要な1作といえそうだ。

『ラフィキ:ふたりの夢』 (C)Big World Cinema.
『ラフィキ:ふたりの夢』は11月9日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top