安藤サクラ&桃子姉妹ら登壇予定 有楽町スバル座閉館メモリアル上映イベント

10月20日(日)をもって閉館する東京・有楽町の“ロードショー発祥の劇場”有楽町スバル座にて、「スバル座の輝き~メモリアル上映~」と題した特別興行を開催。

最新ニュース スクープ
「有楽町スバル座」閉館イベント「スバル座の輝き~メモリアル上映~」
  • 「有楽町スバル座」閉館イベント「スバル座の輝き~メモリアル上映~」
  • 「有楽町スバル座」閉館イベント「スバル座の輝き~メモリアル上映~」
  • 「有楽町スバル座」閉館イベント「スバル座の輝き~メモリアル上映~」
  • 「有楽町スバル座」閉館イベント「スバル座の輝き~メモリアル上映~」
  • 「有楽町スバル座」閉館イベント「スバル座の輝き~メモリアル上映~」
  • 「有楽町スバル座」閉館イベント「スバル座の輝き~メモリアル上映~」
  • 「有楽町スバル座」閉館イベント「スバル座の輝き~メモリアル上映~」
10月20日(日)をもって閉館する東京・有楽町の“ロードショー発祥の劇場”有楽町スバル座にて、「スバル座の輝き~メモリアル上映~」と題した特別興行を開催。女優の安藤サクラや安藤桃子監督、大林宣彦監督、阪本順治監督らが舞台挨拶ゲストとして発表された。

有楽町スバル座は、1946年に開館した“日本初の洋画ロードショー劇場”であった丸の内スバル座を継承し、1966年4月、有楽町ビルの竣工とともに「有楽町スバル座」として再オープン。メモリアルイベントでは、丸の内スバル座から長きにわたって親しまれてきた劇場が感謝を込めて、映画史を飾った作品を選りすぐって上映。

「有楽町スバル座」閉館イベント「スバル座の輝き~メモリアル上映~」1946年当時のスバル座
『イージー・ライダー』『クレイマー、クレイマー』『ゴッドファーザー』『スタンド・バイ・ミー』『ローマの休日』、『チャップリンの黄金狂時代』『独裁者』といった洋画の名作はもちろん、名匠・小林正樹監督の『東京裁判』、黒澤明監督の『七人の侍』、そして阪本順治監督特集なども含め、スバル座で上映した作品を中心に16日間で計49作品を上映する。

「スバル座の輝き ~メモリアル上映~」は10月5日(土)~10月20日(日)有楽町スバル座にて開催。

「スバル座の輝き~メモリアル上映~」
*チケット情報:
・当日券 1,000円均一(1作品鑑賞料金・各回定員入替制・全席自由席)
(当日券のみ、開館時より各回発売/舞台挨拶付きのチケットは、お一人様4枚まで)
・メモリアルチケット 5,000円(昔のスバル座の外観を印刷したオリジナルクオカード500円分付)
有楽町スバル座窓口のみにて好評販売中(数量限定/上映期間中のすべての作品を鑑賞できるメモリアルチケット)
*映画監督、俳優による舞台挨拶等を予定
*各回先着順入場者プレゼント実施予定(スバル座オリジナルグッズプレゼント/数量限定)

*舞台挨拶登壇ゲスト(予定者)
安藤サクラ、安藤桃子監督、大林宣彦監督、五頭岳夫、阪本順治監督、佐向大監督、篠田伸二監督、高橋伴明監督、瀧川鯉昇(落語家)、竹下昌男監督、玉置玲央、七瀬公、根岸吉太郎監督、原田泰造、林家正楽(紙切り)、林家彦いち、平山秀幸監督、ほか続々追加予定。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top