ホアキン・フェニックス、“愛を求める”ジョーカーのように追求する俳優人生

3度のアカデミー賞ノミネートを誇る壮絶な演技派ホアキン・フェニックスのキャリア史上最高と呼ぶにふさわしい『ジョーカー』。それまでの道のりをふり返った。

最新ニュース コラム
ホアキン・フェニックス -(C) Getty Images
  • ホアキン・フェニックス -(C) Getty Images
  • 『ジョーカー』ヴェネチア国際映画祭 (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & (C) DC Comics”
  • 『ジョーカー』ヴェネチア国際映画祭 (C) Getty Images
  • 『ジョーカー』 (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & (C) DC Comics”
  • 『ジョーカー』(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
  • 『ジョーカー』(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
  • ホアキン・フェニックス (C) Getty Images
  • ホアキン・フェニックス
主演作『ジョーカー』が、第76回ヴェネチア国際映画祭にて最高賞の金獅子賞を獲得。続く第44回トロント国際映画祭では、今年から新設された俳優に対する功労賞「トリビュート・アクター・アワード(TIFF Tribute Actor Award)」をメリル・ストリープとともに初受賞したホアキン・フェニックス

彼が『ジョーカー』で演じたのは、ジャック・ニコルソンやヒース・レジャーなど名優たちが演じてきた不気味で極悪非道なジョーカー像とは少し異なる。生きづらさを抱えた孤独な男が“悪のカリスマ”ジョーカーへと変貌していく物語を、“独壇場”ともいえる形で演じ切った彼は、いまアカデミー賞に最も近い俳優のひとりだ。3度の同賞ノミネートを誇る壮絶な演技派ホアキンのキャリア史上最高と呼ぶにふさわしい、『ジョーカー』までの道のりをふり返った。


転機となった亡き兄リヴァーとの秘話を告白


ホアキン・フェニックス
『グラディエーター』で傲慢で嫉妬深いローマ皇帝を怪演し、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』では吹き替えなしで歌やギターを披露、『ザ・マスター』ではカリスマ教祖に見せられる元海兵隊員を演じて、助演と主演で計3度もアカデミー賞にノミネートされたホアキン。

1974年10月28日、プエルトリコ生まれ。23歳の若さで急逝した俳優リヴァー・フェニックスを兄に持ち、姉のレイン、妹のサマーも女優として活動していた役者一家。母親は米TV局NBCの職員であり、8歳からホアキンも演技の道へ。1986年、12歳のとき“リーフ・フェニックス”の名義で『スペース・キャンプ』で映画デビュー。キアヌ・リーヴスも出演していたロン・ハワード監督『バックマン家の人々』('89)で注目を浴びたが、その後活動を休止する。

そんな彼が図らずも、再び世間の目を集めることになったのが、1993年の“ハロウィーン”10月31日だった。当時ジョニー・デップが共同所有していたナイトクラブ「ザ・ヴァイパー・ルーム」で兄リヴァーが薬物の過剰摂取により急死、一緒にいたホアキンが救急車を呼んだといわれる。19歳の誕生日の直後の出来事だった。

先日、トロントでの「トリビュート・アクター・アワード」授賞式では、ウィレム・デフォーがまだ紹介している最中に登場して笑いを誘っていたが、スピーチでは母親や家族らに対して、とりわけ兄リヴァーについて語った言葉が多くの映画ファンを涙させることになった。


それはホアキンが15、16歳ごろのこと。『ジョーカー』でも共演するロバート・デ・ニーロ主演、マーティン・スコセッシ監督の『レイジング・ブル』('80)のVHSテープを持って帰宅したリヴァーは、ホアキンに映画を見せ、翌朝起きてからもまた見せたのだという。「お前はもう一度演技をやるんだ。これがお前のやるべきことなんだよ」、そうホアキンに話したことを明かし、リヴァーのおかげで「演技が素晴らしい人生を与えてくれた」ことに涙を浮かべながら感謝を述べていた。

ハリウッドで将来を期待されながら亡くなった兄リヴァーへの想いを、ホアキンがこうした場で語るのはおそらく初めてのこと。兄に背中を押されて再び歩んだ俳優人生の過渡期に出会った象徴的なキャラクターに、悩みながらも全身全霊で挑んだ自信をも覗かせていた。

名匠、鬼才に愛される演技派へと真っすぐに成長…
とは行かず!?


1995年になって、兄リヴァーを『マイ・プライベート・アイダホ』に起用していたガス・ヴァン・サント監督のもと、ホアキン・フェニックスとして『誘う女』で俳優復帰。オリバー・ストーン監督の『Uターン』などをへて、ニコラス・ケイジと共演したジョエル・シュマッカー監督作『8mm』('99)では放送映画批評家協会賞助演男優賞を受賞、2000年にリドリー・スコット監督『グラディエーター』と出会い、M・ナイト・シャマラン監督の『サイン』『ヴィレッジ』から、新米消防士を演じた『炎のメモリアル』のように若手スター俳優らしい作品や実際の大虐殺を描いた『ホテル・ルワンダ』など話題作に次々と出演した。

だが、2008年10月、突如ホアキンは俳優業を引退してラッパーになると宣言! 激太りに伸ばしっぱなしのヒゲと髪、相次ぐ奇行などで大騒ぎとなったが、実はそれはすべて前代未聞の壮大なドッキリ、ケイシー・アフレック(妹サマーの当時の夫)が監督したモキュメンタリー『容疑者、ホアキン・フェニックス』のために仕組まれたものだった。

ホアキン・フェニックスとケイシー・アフレック -(C) AFLO
約2年間、「ヤラセではないか」と言われながらも、実際に俳優のオファーをすべてキャンセルし、私財を投げ打って“ラッパーになりたいホアキン・フェニックス”を演じ切ったホアキン。しかし、すべてフェイクだったという事の顛末にはマスコミや同業者、ファンまでが激おこに…。結果的に干されることになってしまった。

『ザ・マスター』-(C) MMXII by Western Film Company LLC All Rights Reserved.
それでも2012年、ポール・トーマス・アンダーソン監督『ザ・マスター』にて完全復活。体重を絞って臨んだ彼の演技も高く評価され、第69回ヴェネチア国際映画祭では“教祖”役のフィリップ・シーモア・ホフマンと男優賞を分け合い、アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされることになった。アンダーソン監督とはその後、『インヒアレント・ヴァイス』(’14)でも再タッグを組んでいる。

ニコール・キッドマンに愛されたかっただけなのに…『誘う女』(1995)


もしも現在なら、SNSで話題騒然となっていただろうイケメンぶりを見せる、“ホアキン・フェニックス”が世に知られることになったガス・ヴァン・サント監督作。“TVに映らなければ生きている意味がない”という自意識過剰で自己中心的な、お天気キャスターのスーザン・マレットに、ある目的のために利用される高校生のジェームズを演じた。とてつもない野心と腹黒さを持った大人の女性にセックスによって翻弄されていく、若きホアキンの熱演は必見。

ラッセル・クロウが憎くてたまらない皇帝に…
『グラディエーター』(2000)


古代ローマ帝国を舞台にしたリドリー・スコット監督による超大作。父である皇帝から信頼の厚い騎士マキシマス(ラッセル・クロウ)に激しい嫉妬の炎を燃やし、彼を陥れ、父を暗殺して皇帝の座についたコモドゥスを演じた。ヴィラン的な役回りながら、どこか寂しげでセクシーなのがさらに罪深い。半裸で勇ましく剣を振るうシーンもあり、24キロも減量したというジョーカーとの体格差を比べてみてほしい。

兄への想いが重なる…
『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(2005)


1950年代にプレスリーらと共に人気を博した伝説的カントリー・ミュージシャン、ジョニー・キャッシュを、同じくシンガーのジューン・カーターを演じたリース・ウィザースプーンとともに、歌もギターも吹き替えなしで演じ切った。父親との確執と、音楽を教えてくれた兄の死に責任と痛みを感じているジョニーの姿が、ついホアキンと重なってしまう。ゴールデン・グローブ賞に加えて、グラミー賞も受賞した。

警察一家の爪弾き者に…
『アンダーカヴァー』(2007)


『アンダーカヴァー』 -(C) 2007 2929 Productions LLC. All rights reserved
『アド・アストラ』のジェームズ・グレイ監督とは『裏切り者』('00)、本作『アンダーカヴァー』、『エヴァの告白』(’13)など4作品で組んでいる。マーク・ウォールバーグとともに製作総指揮にも名を連ね、マークが警察一家の優秀な兄、ホアキンがそんな兄にコンプレックスを抱えて夜の世界で働く弟を演じた。タイトルは「潜入捜査」の意味だが、むしろ家族愛と正義という名の復讐の物語。1988年のニューヨーク・ブルックリンが舞台で『ジョーカー』の世界と近しい空気感がある。ホアキンの繊細な演技はもちろん、エヴァ・メンデス(現在はライアン・ゴズリング夫人)とのラブシーンにも注目。

ルーニーに振られ、スカヨハのAIに恋…
『her/世界でひとつの彼女』(2013)


『her/世界でひとつの彼女』 Photo courtesy of Warner Bros. Pictures
ホアキン演じる主人公セオドアが、自身に最適化された最新AI型OS“サマンサ”を利用するうちに恋に落ちてしまう設定と、その声の主をスカーレット・ヨハンソンが演じたことで話題に。スパイク・ジョーンズ監督が自ら手がけた脚本はアカデミー賞に輝いた。婚約者のルーニー・マーラとの初共演作だが、演じたのは離婚調停中の妻…。彼女への想いを引きずりながら、AIに恋していく孤独な男をとてもナチュラルに演じたホアキンがキュート。

肉体からキャラクターを表現する…
『ビューティフル・デイ』(2017)


『ビューティフル・デイ』 (C)Why Not Productions, Channel Four Television Corporation,and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved.(C)Alison Cohen Rosa / Why Not Productions
『少年は残酷な弓を射る』のリン・ラムジー監督のもとトラウマを抱えた退役軍人の殺し屋を演じ、第70回カンヌ国際映画祭男優賞に選ばれ、ラムジーも脚本賞を受賞した。その男は行方不明の少女たちを捜し出し、ハンマーを手に関係者はすべて消すのが仕事。だが、時折フラッシュバックで戦地での壮絶な体験や、幼児期の記憶が…。年老いた母の世話をしながらのつつましい暮らしや、全身傷だらけで筋肉のたるみ方がリアルな肉体が表現する人物像は『ジョーカー』を思わせる(体格は全く違うけど)。

ホアキン・フェニックス-(C)Getty Images

2019年は公開作続々の“ホアキンYear”


『ドント・ウォーリー』(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
ガス・ヴァン・サント監督最新作で、ルーニーとの共演作『ドント・ウォーリー』(順次公開中)では車いすの風刺漫画家ジョン・キャラハンに。自暴自棄になっても、周囲の人々の優しさと風刺漫画によって前向きになることができたキャラハン。辛辣なユーモアで知られたキャラハンだが、コメディアンを夢見る『ジョーカー』のアーサーはいかに!? 

同じくルーニー共演『マグダラのマリア』(配信中)は、長らく罪人扱いだったマグダラのマリアをイエス・キリストの使徒のひとり、そして復活の証人として初めて描いた作品。マリアをルーニー、イエスをホアキンが演じて恋に落ちてしまったのだから、これはもう運命というほかない。

ルーニー・マーラ&ホアキン・フェニックス(C)Getty Images
さらに『ゴールデン・リバー』(順次公開中)では、ジョン・C・ライリーと悪名高いシスターズ兄弟に。粗暴でありながら、どこか間の抜けたところもある人間くさい殺し屋役は真骨頂だ。フランスのジャック・オーディアール監督による西部劇は、本流の西部劇とはひと味違うところも魅力。

『ゴールデン・リバー』(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
そして『ジョーカー』が、10月4日(金)に日米同時公開を迎える。アメコミ史上最も有名で凶悪なヴィランの誕生物語で、ホアキンは一体どんな衝撃を与えてくれるのか。ただ、本作ではバットマンとの宿命は匂わされているものの、アメコミ作品であることをあまり感じさせない点が特徴的。あくまでも社会から爪弾きにされた、“笑顔でいる”ことしかできない、愛を求める男の凋落人生と考えれば、ホアキンにとって最高のハマり役といえるのだ。

『ジョーカー』(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
《text:Reiko Uehara》

特集

関連記事

特集

page top