ロバート・ダウニーJr.版『ドクター・ドリトル』の予告編が初公開

ユニバーサル・ピクチャーズが『Dolittle』(原題)の初めてとなる予告編を公開した。

最新ニュース ゴシップ
『Dolittle』(原題)(C) APOLLO
  • 『Dolittle』(原題)(C) APOLLO
  • 『Dolittle』(原題)(C) APOLLO
  • ロバート・ダウニー・Jr.-(C) Getty Images
  • トム・ホランド-(C)Getty Images
  • エマ・トンプソン -(C) Getty Images
  • オクタヴィア・スペンサー(C)Getty Images
  • ラミ・マレック-(C)Getty Images
  • レイフ・ファインズ-(C)Getty Images
ユニバーサル・ピクチャーズが『Dolittle』(原題)の初めてとなる予告編を公開した。ヒュー・ロフティング著の児童文学「ドリトル先生」をもとに新たに映画化したもので、過去にもアニメ化や映画化されており、エディ・マーフィーが主役のドクター・ジョン・ドリトルを演じた『ドクター・ドリトル』シリーズが特に有名。今作ではロバート・ダウニー・Jr.が動物と会話できる医者ドクター・ドリトルを演じている。

エディ版ではコメディ色が強かったが、ロバート版『Dolittle』は今回公開された予告編を見る限り、動物たちと航海へ繰り出す壮大な冒険ものとなっている。


しゃべる動物たちの声を務めるキャストも実に豪華で、エマ・トンプソン、オクタヴィア・スペンサー、ラミ・マレック、レイフ・ファインズ、マリオン・コティヤール、セレーナ・ゴメスら。ロバートがマーベル作品で共演したトム・ホランドも声で出演する。

アイアンマン&スパイダーマンとして劇中で師弟関係を築き、プライベートでも仲良しな2人が“再共演”するということで、予告編の感想には「ロバートがどこにいようと、トムはすぐそばにいるんだ」など、2人に関するコメントが多く集まった。

全米公開予定は2020年1月17日。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top