ドニー・イェン、熱血家庭訪問&護身術指導…規格外の授業開始『スーパーティーチャー』予告

香港が誇る世界的アクションスター、ドニー・イェンが初の教師役を演じた『スーパーティーチャー 熱血格闘』から、日本版予告編が解禁となった。

韓流・華流 スクープ
『スーパーティーチャー 熱血格闘』
  • 『スーパーティーチャー 熱血格闘』
  • 『スーパーティーチャー 熱血格闘』
  • 『スーパーティーチャー 熱血格闘』
  • 『スーパーティーチャー 熱血格闘』ドニー&谷垣健治&カム・カーワイ監督
  • 『スーパーティーチャー 熱血格闘』特別鑑賞券
  • 『スーパーティーチャー 熱血格闘』
  • 『スーパーティーチャー 熱血格闘』
  • 『スーパーティーチャー 熱血格闘』
香港が誇る世界的アクションスター、ドニー・イェンが初の教師役を演じた『スーパーティーチャー 熱血格闘』から、日本版予告編が解禁となった。

>>『スーパーティーチャー 熱血格闘』あらすじ&キャストはこちらから

香港で最低の成績を記録する学校を舞台に、ドニー・イェン演じる新任の教師チャン・ハップが、問題児の揃うクラスの担任となり、自身の経験や特技を生かして生徒たちの心を掴んでいきながら学校の意識も変えていく、アクション満載かつ感動の学園ドラマ。

今回届いた日本版予告編からも、教師チャン・ハップの規格外ぶりが十分に伺える。


ドニー・イェン自身が一男一女を持つ父親として、子どもの教育をテーマにした作品を作りたいという熱い思いから誕生した本作は、教育、住宅問題、移民、差別と香港社会の中にある問題点も描かれている。それは今の日本にも当てはまる内容ともいえる。

『スーパーティーチャー 熱血格闘』ドニー&谷垣健治&カム・カーワイ監督ドニー&谷垣健治アクション監督&カム・カーワイ監督
なお、本作はドニー・イェン自らが設立した製作会社「スーパーバレット・ピクチャーズ」の第1回作品となっており、プロデューサーも彼が兼任している。

『スーパーティーチャー 熱血格闘』は11月15日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top