坂井真紀&滝藤賢一、新津ちせと温かい家族に『駅までの道をおしえて』本編映像

『駅までの道をおしえて』から、夫婦役で初共演となった坂井真紀と滝藤賢一、そして娘役の新津ちせという家族を映し出した本編映像がシネマカフェに到着した。

映画 邦画ニュース
『駅までの道をおしえて』(C)2019 映画「駅までの道をおしえて」production committee
  • 『駅までの道をおしえて』(C)2019 映画「駅までの道をおしえて」production committee
  • 『駅までの道をおしえて』 (C) 2019 映画「駅までの道をおしえて」production committee
  • 『駅までの道をおしえて』(C)2018映画『駅までの道をおしえて』製作委員会
伊集院静原作の映画『駅までの道をおしえて』から、夫婦役で初共演となった坂井真紀と滝藤賢一、そして娘役の新津ちせという家族を映し出した本編映像がシネマカフェに到着した。

>>『駅までの道をおしえて』あらすじ&キャストはこちらから

本作で大切な存在をなくしてしまい、虚無感を抱えて日々を過ごす主人公の少女サヤカ(新津さん)を陰で支えるのは、坂井さんと滝藤さんが演じるサヤカの両親だ。

『駅までの道をおしえて』(C)2018映画『駅までの道をおしえて』製作委員会
今回到着した親子3人が揃った本編映像は、ペットショップで出会った白柴のルーが「誰にも売れなかったらお払い箱になってしまう」と聞いたサヤカが、ルーを飼いたいと両親に懇願する場面。簡単に命を引き取ることはできないと、まっすぐサヤカを見つめ優しく教える父と、自身の幼少期をふり返りそのときの思いを伝える母…。

きっとどこの家庭でも同じようなやり取りが行われているであろう、この普遍的な家族の会話。本シーンの撮影に入る前は、監督から3人だけで過ごす時間が設けられ、ゲームなどをしてゆっくりと距離を縮めていったという。そんなおかげか映像からは、本物の家族のような自然さが感じられるようだ。


『駅までの道をおしえて』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top