天才画家ゴッホ、激動の人生や収集家にスポットを当てたゴッホ映画4選

美術史において最も偉大な画家のひとりとされるフィンセント・ファン・ゴッホ。現代でこそ有名なゴッホだが、生前には絵がまったく売れず、自分で左耳を切り落とした“耳切り事件”や、若くして拳銃で自らを撃ち命を絶ったことでも知られる。

映画 洋画ニュース
『ゴッホとヘレーネの森 クレラー=ミュラー美術館の至宝』 (C)2018- 3D Produzioni and Nexo Digital - All rights reserved
  • 『ゴッホとヘレーネの森 クレラー=ミュラー美術館の至宝』 (C)2018- 3D Produzioni and Nexo Digital - All rights reserved
  • 『永遠の門 ゴッホの見た未来』 (C)Walk Home Productions LLC 2018
  • 『永遠の門 ゴッホの見た未来』 (C)Walk Home Productions LLC 2018
  • 『永遠の門 ゴッホの見た未来』 (C)Walk Home Productions LLC 2018
  • 『永遠の門 ゴッホの見た未来』 (C)Walk Home Productions LLC 2018
  • 『ゴッホ~最期の手紙~』 -(C) Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.
  • 『ゴッホ~最期の手紙~』 (C)Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.
  • 『ゴッホ~最期の手紙~』 (C)Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.
美術史において最も偉大な画家のひとりとされるフィンセント・ファン・ゴッホ。現代でこそ有名なゴッホだが、生前には絵がまったく売れず、自分で左耳を切り落とした“耳切り事件”や、若くして拳銃で自らを撃ち命を絶ったことでも知られる。

そんな短くも激動の人生を歩んだゴッホを題材にした映画はこれまでにも数多く作られてきたが、この秋にもゴッホを題材にした映画が立て続けに公開され、東京・上野の森美術館では「ゴッホ展」が開催中。

そこで、それぞれ全く別の視点からゴッホに迫り、ゴッホの新たな一面を描くおすすめゴッホ映画4作品をピックアップした。

ゴッホを世界に知らしめた女性『ゴッホとヘレーネの森 クレラー=ミュラー美術館の至宝』


ゴッホの世界最大の個人コレクター、ヘレーネ・クレラー=ミュラー夫人の目を通して、全く新しい視点でゴッホを描いたアート・ドキュメンタリー。1890年に自ら命を絶ったゴッホ。生前は作品が評価される機会も少なく、死後は遺族がほとんどの作品を所有していたため、無名の存在に近かった。そんなゴッホの作品と出会い、個人収集家としては最大規模の300点(うち油彩は85点)を収集したのが、ヘレーネ・クレラー=ミュラー。

オランダ有数の資産家であり、4人の子の母でもあった彼女は、1906年ごろから絵画のコレクションを始めた。彼女の興味はゴッホが影響を受けた画家たちにも広がり、一大コレクションは1938年にクレラー=ミュラー美術館として結実。彼の作品を収集し美術館まで設立したある人物を通して、ゴッホの人物象と作品に迫る。


10月25日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。

ウィレム・デフォーがゴッホを熱演『永遠の門 ゴッホの見た未来』


『永遠の門 ゴッホの見た未来』 (C)Walk Home Productions LLC 2018
幼いころから精神に病を抱え、まともな人間関係が築けず、常に孤独だったフィンセント・ファン・ゴッホ。才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの衝撃的な事件で幕を閉じることに。作品が世に理解されずとも筆を握り続けた不器用な生き方を通して、多くの名画を残した天才画家の人生に改めて迫る。

『バスキア』『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督から、「この役は彼しか考えられなかった」と言わしめたウィレム・デフォーは、第75回ヴェネチア国際映画祭最優秀男優賞に輝き、アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされた。


11月8日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

全編が油絵風の異色アニメーション『ゴッホ 最期の手紙』(2017年)


『ゴッホ~最期の手紙~』 -(C) Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.
ゴッホの謎に包まれた死の真相をたどる異色のアート・サスペンスアニメーション。俳優が演じた実写映像をもとに約6万5,000枚におよぶ油絵がゴッホのタッチで描かれ、全編をアニメーション化。アカデミー賞長編アニメーション賞などにノミネートされた。

郵便配達人の息子アルマン(ダグラス・ブース/日本語吹替:山田孝之)は、父からいまは亡きゴッホが弟のテオに宛てた手紙を託される。テオに手紙を届けにパリへと向かうが、すでにテオも亡くなっていた。ゴッホの死に疑問を抱いたアルマンはゴッホの足跡をたどり、その死の真相を求めゴッホと関わりを持っていた人々を尋ねる。ゴッホが最期に見たものとはーー。


複製画家が“本物”に会いに行くドキュメンタリー『世界で一番ゴッホを描いた男』(2016年)


中国の大芬でゴッホの複製画を20年描き続けている“世界で一番ゴッホを描いた男”を追ったドキュメンタリー。出稼ぎで街にやって来た趙小勇(チャオ・シャオヨン)は独学で油絵を学び、20年間ゴッホの複製画を描き続ける生活を送るうち、いつしか本物のゴッホの絵画を観たいと願うようになる。その夢を叶え、アムステルダムでゴッホの絵画と対面した彼は、強い衝撃を受ける――。

《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top