【インタビュー】ウィレム・デフォーと芝居の45年「役になる それこそが美しい瞬間」

『永遠の門 ゴッホの見た未来』で、あまりにも有名な画家フィンセント・ファン・ゴッホを演じたウィレム・デフォー。17年ぶりのプロモーション来日を果たした彼に、話を聞いた。

最新ニュース インタビュー
ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』/photo:You Ishii
  • ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』/photo:You Ishii
  • ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』/photo:You Ishii
  • ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』/photo:You Ishii
  • ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』/photo:You Ishii
  • ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』/photo:You Ishii
  • ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』/photo:You Ishii
  • ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』/photo:You Ishii
  • ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』/photo:You Ishii
ある人は、コワモテの犯罪捜査官や殺し屋を思い浮かべるかもしれない。ある人は、お茶目な挙動を見せる彼を思い浮かべるかもしれない。はたまた、『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』の中で優しさと無力を行き交う姿が記憶に新しい人も? ウィレム・デフォーは長いキャリアにおいて、様々な役と化してきた。

目の前にいる彼は、透き通った瞳を持つ朗らかな人。『永遠の門 ゴッホの見た未来』のジュリアン・シュナーベル監督が、フィンセント・ファン・ゴッホの純粋な魂を彼に託そうとしたのも頷ける。

画家でもある監督から1対1でのレッスン


とは言え、あまりにも有名な画家ゴッホは謎めいた人物でもあり、彼に関する逸話それぞれに諸説がある。そんな人物を演じるうえで大切にしたものは何か。

「やはり、彼と絵画の関係性だね。人生の中心に、なぜ絵画があったのか。ゴッホは自分こそが絵画であると捉え、絵を描く行為に共感しきっていた。絵を描いている瞬間の彼は幸せで、完全だったんだ。気持ちが乱れたときは、自然の中で絵を描いた。様々な不安を抱えてはいたけれど、そうすることで解き放たれていたんだ」。

『永遠の門 ゴッホの見た未来』 (C)Walk Home Productions LLC 2018
「演じる以上、僕自身もそうなる必要があった」と述懐。

「役に取り組むプロセスは作品によって異なる。けれど、共通点もあるんだ。それは、行動しなくてはならないということ。インスピレーションは待っていても来ない。役の原動力が何かを考え、見つけ出そうとしなければ、何も得られないだろうね」とも語る彼にとって、ゴッホになるための「行動」は、シュナーベル監督の絵画レッスンだったという。画家でもある監督から、1対1でのレッスンを受けた。

「最も重要な時間だった。それにより、物の見方が変わったんだ。すると、いままでは気づかなかったことに気づけるし、書簡などでゴッホが遺した言葉の意味が見えてきたりもする。滑稽な言い方をするなら、僕の一部がゴッホになることで、彼との対話を始められたんだ。そうなれば、あとは自分の中の彼が前に出るよう、残りの僕が背中を押せばいい。もちろん、衣装やセットなど、周りの助けも必要だ。『君こそがフィンセントだ!』というおだてもね(笑)。自分自身を置き、役になる。それこそが、僕には美しい瞬間なんだ」。


《text:Hikaru Watanabe/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top