『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、未公開映像を加えて北米で再上映

クエンティン・タランティーノ監督作の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が、4つの新しいシーンを含む10分の未公開映像を加え、再び北米の映画館で公開される。

最新ニュース ゴシップ
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • クエンティン・タランティーノ - (C) Getty Images
クエンティン・タランティーノ監督作の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が、4つの新しいシーンを含む10分の未公開映像を加え、再び北米の映画館で公開される。ソニー・ピクチャーズが発表した。

ソニーで配給権を担当するエイドリアン・スミスが、「観客のみなさんは、この作品に絶大な支持を寄せてくれました。私たちはこの映画を本来意図された形で、映画館の大きなスクリーンでまた見てもらうという機会をもうけることにしたのです。クエンティン・タランティーノが贈る60年代のさらなる世界や音楽を、特別な楽しみとして付け加えて」と語っている。25日(現地時間)から北米の1000館の映画館で再公開されるという。

この情報は、25日にオリジナル版の公開が予定されていた中国において、公開が「保留」になった直後に発表された。中国では公開前から同作でのブルース・リーの描写が問題視されており、タランティーノ監督はそのシーンを再編集して公開するつもりはないと宣言していた。

大きな映画市場である中国で未公開にもかかわらず、同作はタランティーノ作品の中で『ジャンゴ 繋がれざる者』に次ぐ大ヒットを記録している。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top