映画『主戦場』上映中止をしんゆり映画祭が“撤回”、白石監督&是枝監督&井浦新らの抗議受け

慰安婦問題に迫ったドキュメンタリー映画『主戦場』が、KAWASAKIしんゆり映画祭にて“上映中止の撤回”が決定。最終日の11月4日(日・祝)に上映されることになった。

映画 邦画ニュース
『主戦場』(c)NO MAN PRODUCTIONS LLC
  • 『主戦場』(c)NO MAN PRODUCTIONS LLC
  • 『主戦場』(c)NO MAN PRODUCTIONS LLC
慰安婦問題に迫ったミキ・デザキ監督のドキュメンタリー映画『主戦場』が、川崎市で開催中のKAWASAKIしんゆり映画祭にて上映中止となった問題で、11月2日(土)、“上映中止の撤回”が同映画祭のTwitterおよびFacebookにて発表。最終日の11月4日(日・祝)に上映されることになった。

>>『主戦場』あらすじ&キャストはこちらから

KAWASAKIしんゆり映画祭は10月27日(日)、朝日新聞などが「慰安婦問題扱った映画、川崎市共催の映画祭で上映中止」と報道したことを受け、公式HPに「『主戦場』上映見送りについて」として、「共催者の一員である川崎市からの懸念を受けました。上映時に起こりうる事態を想定し、私たちができうる対策を何度も検討した結果、今回は上映を見送らざるを得ないと判断」したとの声明を発表。

「今回の見送りに際しまして、映画祭内部でも賛否両論があり、結果として表現の自由を委縮させることにつながる恐れがある判断を映画祭が決めざるをえなかったことには大変忸怩たる思いがあります」としながら、「私たちの判断に不手際があったことは認めざるを得ませんし、それにより配給会社東風さまにもご迷惑をおかけしたことを申し訳なく思っております」と謝罪。

同映画祭は「市民ボランティアの手により」行われており、「映画館での妨害・いやがらせなど迷惑行為への対応を市民ボランティアで行う事には限界があること、市民ボランティア自体の安全の確保や、迷惑行為などへの対策費が準備されていないこと」など、安全面での懸念が理由としていた。

『主戦場』(c)NO MAN PRODUCTIONS LLC
この判断に対し、映画人や映画ファンから反発や抗議の声が殺到。是枝裕和監督は同映画祭での井浦新主演『ワンダフルライフ』の上映に際し、Twitterを更新。井浦さんと登壇した舞台挨拶では厳しい言葉で抗議した。


井浦さんも「デビュー作【ワンダフルライフ】の上映で久しぶりに是枝監督と登壇したけれど感慨に耽る事態ではないのが正直悔しかった。けれどとなりに是枝監督がいてくれた事がとても心強かった」とTwitter上でコメントしていたところだった。

そんな中、11月1日(金)にKAWASAKIしんゆり映画祭は「『主戦場』の上映実現にむけて前向きに協議しています。決定次第またお知らせします」と発表。そして今回、上映中止から一転、改めて上映されることが決定した。

この決定を受け、井浦さん主演『止められるか、俺たちを』『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』の上映取り止めを発表していた若松プロダクションでは、『止められるか、俺たちを』の復活上映を決定。


『主戦場』のデザキ監督は配給会社の東風と連名で、「今回の件で声を上げ、行動してくださったすべてのみなさん──若松プロダクション、白石和彌さん、井上淳一さん、是枝裕和さん、井浦新さん、金平茂紀さん、大澤一生さん、纐纈あやさん、安岡卓治さん、中山治美さん、綿井健陽さん。オープンマイクに参加してくださったみなさん。この事態を報じ、社会に伝えてくださったジャーナリストのみなさん。遠くからあたたかい励ましの言葉をかけてくださったみなさん。そして『しんゆり映画祭』のスタッフのみなさん──すべてのみなさんに心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました」と、喜びと感謝のコメントを発表している。


さらに『主戦場』は11月8日(金)よりアップリンク吉祥寺にて緊急再上映も決定している。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top