慰安婦問題に切り込む『主戦場』アンコール上映決定

ミキ・デザキ監督『主戦場』の劇場アンコール上映が決定。監督からのメッセージが到着した。

映画 洋画ニュース

慰安婦問題に切り込み、2019年4月より劇場公開され話題となったミキ・デザキ監督『主戦場』の劇場アンコール上映が決定。監督からのメッセージが到着した。


>>『主戦場』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、映画公開後に出演者の一部がミキ・デザキ監督と配給会社の東風に対して、映画の上映禁止や計1,300万円の損害賠償を求める裁判を起こされ、その影響から2019年秋の「KAWASAKIしんゆり映画祭」で本作の上映が一時は中止されそうにもなった“問題作”。そして2022年1月27日、東京地裁によって原告らの訴えはすベて棄却される判決が下された。

本作は未ソフト化、未配信だっため「また見たい」「DVD化してほしい」「配信してほしい」といった多くの声が配給会社に多く寄せられることに。そんな多くの「見たい」に応える形で、今回待望の劇場アンコール上映が決定した。

日系アメリカ人2世である監督・脚本・撮影・編集・ナレーションを担当したミキ・デザキにとって、初映画監督となった本作は、釜山国際映画祭2018ドキュメンタリー・コンペティション部門の正式招待を受けた作品。韓国では劇場公開も行われ、ハーバード大学、スタンフォード大学など世界50以上の大学や学会で上映され学術的にも高く評価された。

監督は「初めて『主戦場』をご覧になるみなさん、訴えられた映画にチャンスを与えていただき、ありがとうございます。そして、2度目、3度目にご覧になるみなさん、私たちの訴訟費用をサポートしていただき、ありがとうございます」とコメント、「裁判に勝つまで約2年半かかりましたが、なんと無駄な時間だったことでしょう。不思議なことに原告たちは、歴史家や学者、活動家たちの主張と並べられた自分たちの主張を聞かれたくなかったのです。なぜでしょう? 映画をご覧になればわかるかもしれません」と語っている。

『主戦場』は4月9日(土)~シアターイメージフォーラム、第七藝術劇場ほかにて公開。


『主戦場』上映情報
★東京都:シアターイメージフォーラム 4月9日(土)より公開
上映日程:4月9日(土)~4月22日(金)連日10時30分~ ※4/23以降未定
[舞台挨拶]4月9日(土)10時30分の回上映後、ミキ・デザキ監督による舞台挨拶決定

★大阪府:第七藝術劇場 4月9日(土)より公開
上映日程:4月9日(土)~ ※上映時間、終了日未定
[舞台挨拶]4月10日(日)時間調整中・上映後、ミキ・デザキ監督による舞台挨拶決定

★愛知県:名古屋シネマテーク 4月23日(土)より公開上映日程:4月23日(土)~4月29日(金)連日12時~
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top