『ブライトバーン』少年の“反抗”にハマる…ビリー・アイリッシュ「bad guy」入り予告

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』からビリー・アイリッシュが歌う全米チャート1位獲得の主題歌「bad guy」が使用された予告が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(C) The H Collective
  • 『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(C) The H Collective
  • 主題歌はビリー・アイリッシュの「bad guy」
  • 『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(C) The H Collective
  • 『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(C) The H Collective
  • 『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(C) The H Collective
  • 『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(C) The H Collective
  • 『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(C) The H Collective
  • デヴィッド・ヤロヴェスキー監督『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(C) The H Collective
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの監督ジェームズ・ガンがプロデュースを務める、ホラー、SF、サスペンス、ドラマなどのジャンルを超えた『ブライトバーン/恐怖の拡散者』。この度、最旬アーティスト、ビリー・アイリッシュが歌う全米チャート1位獲得の主題歌「bad guy」が使用された予告が解禁となった。

>>『ブライトバーン/恐怖の拡散者』あらすじ&キャストはこちらから

主題歌入りの新たな予告映像では、草刈り機の勢いよく回るプロペラ状の刃を、少年ブランドンが素手で止める衝撃のシーンからスタート。さらに「bad guy」が流れはじめる中、ブランドンはベッドの上で痙攣を起こし、目を赤く光らせ覚醒! また、何かに気づいた母トーリが納屋に行くと、そこには赤い光に包まれ宙に浮くブランドンの姿が!

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(C) The H Collective
そして「ここに来たのは何か意味があるはず」と息子が普通ではないことを悟るトーリのセリフをバックに、ブランドンは怒りに任せ空中から車を落としたり、人間ではありえないスピードで女性に飛びかかるなど、“スーパーパワー”で大暴れ。

極めつけは、ショットガンを持った警察官とブランドンが対峙するシーン。ブランドンは扉の外にいたにもかかわらず、警察官が目を離したスキに、すぐ真後ろに現れるなど、“少年を怒らせてはならない”恐怖映像が連続で映し出されていく。


ビリー・アイリッシュの「bad guy」が加わることにより、その楽曲の雰囲気も相まって、さらに“不気味”な映像となった今回の予告。本作のメガホンをとったデヴィッド・ヤロヴェスキー監督は、「ビリー・アイリッシュは素晴らしいアーティストで、ポップカルチャーで社会現象となっている。彼女の『bad guy』は映画の核となるコンセプトと呼応して、観る者のダークサイドを包み込んでくれる。(I’m the bad guy, duh!)」と絶賛のコメントを寄せている。

主題歌はビリー・アイリッシュの「bad guy」
『ブライトバーン/恐怖の拡散者』は11月15日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top