成田凌のタラちゃんに共感と感動の声、“号泣”ツイートも続出…「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」

TVアニメ放送50周年を記念して、天海祐希がサザエさんを演じアニメの20年後を描く「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」が11月24日放送。感動的なストーリーに放送開始直後から“号泣”の声が続出。タラちゃん役の成田凌の演技にも賞賛の声が集まっている。

最新ニュース スクープ
「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」 (C) フジテレビ
  • 「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」 (C) フジテレビ
  • 「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」 (C) フジテレビ
  • 「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」 (C) フジテレビ
  • 「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」 (C) フジテレビ
  • 「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」 (C) フジテレビ
  • 「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」 (C) フジテレビ
  • 「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」 (C) フジテレビ
  • 「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」 (C) フジテレビ
TVアニメ放送50周年を記念して、天海祐希がサザエさんを演じアニメの20年後を描く「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」が11月24日放送。感動的なストーリーに放送開始直後から“号泣”の声が続出。タラちゃん役の成田凌の演技にも賞賛の声が集まっている。

本作はサザエさん一家の20年後をオリジナルの脚本で描くもので、44歳になったサザエさんに天海さん、海山商事で働くマスオに西島秀俊、色々な仕事に挑むも長続きせず今は商店街で洋食店を営むカツオに濱田岳、アパレル関係のデザイナーをしているワカメに松岡茉優、就活中の大学生・タラオに成田さん、フネに市毛良枝、波平に伊武雅刀。


学生起業家をしているイクラに稲葉友。原作に一度だけ登場したサザエとマスオの長女で現在はタラオの妹で高校生のヒトデに桜田ひより。サザエさんのいとこのノリスケに八嶋智人。マスオの同僚のアナゴに小手伸也。

カツオの同級生だった花沢花子に森矢カンナ。かおりに黒川智花。早川に松井玲奈。中島に岡崎体育。伊佐坂先生に浅野和之といった超豪華キャストが集結。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
アニメから20年後、カツオは洋食店の経営が上手く行かず、何度目かの挫折の危機に直面。ワカメもアパレル関係のデザイナーをやっているが自分の才能に限界を感じるなかでプロポーズを受ける。就職活動中のタラオも面接で不採用が続き焦燥する日々を送る。マスオは中間管理職として板挟みの会社員生活を過ごしていた。一方、波平は定年退職を迎え、フネは波平と磯野家の人々の姿をあたたかく見守っていた。


そんななか、商店街で盆踊り大会が開催されることになり、サザエは家族に集合するよう呼びかける。呼びかけに応じて家を出ていたカツオたちも戻るが、ワカメの結婚報告をきっかけに家族が揉めてしまう。台風一過の翌朝、カツオ、ワカメ、タラオは笑顔を取り戻し、改めて自分の道を歩み出す――というストーリー。


放送直後から「もうすでに泣きが入ってる」「磯野家のみなさんがさまざまな問題に直面してて、なんだか涙でる」など“泣きのツイート”が続々。

ワカメやタラオの悩む姿に「生々しい就活や労働若者現役世代の苦しみを見てて刺さった」「カツオとワカメが自分と重なる」といった声も。


やぐらが倒壊し盆踊りは中止――かと思われるなかで、サザエが「花火だけでも上げよう」と周囲を説得。一家で並んで花火を鑑賞するラストには「波平さんの思い…サザエさんの思い…心に響きました」「我々は大切なものを忘れているのを、思い出させてくれました」「想像をはるか超える良質なドラマでめちゃくちゃ満足度ある」といった感想が寄せられる。

また「タラちゃん(成田凌)がしみる~」「成田凌くんのタラちゃん、シックリ来て凄く良かった」などタラちゃん役の成田さんの演技に感動したという声も多数。「イクラちゃんカッコよかった」「イクラちゃんもっと見たかったなぁ」と稲葉さんのイケメンぶりに注目する声とともにタイムラインをにぎわせている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top