永瀬正敏&窪田正孝が織りなす摩訶不思議な友情劇…『ファンシー』メイン写真解禁

連合赤軍をモデルにした「レッド」で文化庁メディア芸術祭漫画部門の優秀賞を受賞した同名短編漫画を実写映画化した『ファンシー』から、メイン写真とキャラクター場面写真が解禁となった。

映画 邦画ニュース
『ファンシー』 (C) 2019「ファンシー」製作委員会
  • 『ファンシー』 (C) 2019「ファンシー」製作委員会
  • 『ファンシー』 (C) 2019「ファンシー」製作委員会
  • 『ファンシー』 (C) 2019「ファンシー」製作委員会
  • 『ファンシー』 (C) 2019「ファンシー」製作委員会
  • 『ファンシー』 (C) 2019「ファンシー」製作委員会
  • 『ファンシー』 (C) 2019「ファンシー」製作委員会
  • 『ファンシー』 (C) 2019「ファンシー」製作委員会
  • 『ファンシー』 (C) 2019「ファンシー」製作委員会
連合赤軍をモデルにした「レッド」で文化庁メディア芸術祭漫画部門の優秀賞を受賞した同名短編漫画を実写映画化した『ファンシー』から、メイン写真とキャラクター場面写真が解禁となった。

>>『ファンシー』あらすじ&キャストはこちら

山本直樹の同名短編漫画を実写映画化した本作。永瀬正敏、窪田正孝、小西桜子らをキャストに迎え、性愛と暴力の世界に溺れる男女3人のポエジーな三角関係を描く。

永瀬さんが演じるのは、ミステリアスな元彫師の郵便屋。虚無的にして粗暴でありながら、なぜか懐の深い人間味をも感じさせる役どころだ。


窪田さんが演じるのは、ロマンティストで性的不能のペンギン。奇想天外なキャラクターを唯一無二の存在感で体現しているのも必見だ。


小西さんは、対照的な2人の男性の間で少女から女へと艶めかしく変貌を遂げる月夜の星に扮し、体当たりの熱演を披露する。


また、鷹巣が務める郵便局の所長に田口トモロヲ、鷹巣の父親役に宇崎竜童、鷹巣に入れ墨を彫ってもらう殺し屋役に深水元基、鷹巣の元後輩でヤクザの組員に長谷川朝晴、ヤクザの若頭役に坂田聡。


鷹巣が働く郵便局の同僚役に吉岡睦雄、鷹巣の旧友役に榊英雄、鷹巣の元妻役に佐藤江梨子といった個性豊かなベテラン、中堅俳優たちが脇を固め、泥船のごとき人生を生きる人間たちのおかしみと哀感に満ちた群像ドラマを彩っている。


今回解禁されたメイン写真には、部屋の中でファンレターに目を通す窪田さんと、その横に佇むサングラスに郵便屋の制服姿の永瀬さんの姿が。2人が織りなす摩訶不思議な友情劇に期待が高まる1枚に仕上がっている。


『ファンシー』は2020年2月7日(金)よりテアトル新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top