窪田正孝ら3人の男女が現実と幻想の狭間で揺れる…『ファンシー』予告

山本直樹の異色の短編漫画を永瀬正敏、窪田正孝、小西桜子らをキャストに迎え実写映画化した『ファンシー』。この度、予告編と新ビジュアルが解禁となった。

映画 邦画ニュース
山本直樹の異色の短編漫画を永瀬正敏、窪田正孝、小西桜子らをキャストに迎え実写映画化した『ファンシー』。この度、予告編と新ビジュアルが解禁となった。

>>『ファンシー』あらすじ&キャストはこちら

今回解禁された予告編では、現実(エロス)と幻想(ポエム)の狭間で揺れる、男女3人のミステリアスな三角関係をスリリングに映し出している。

とある地方の温泉街に、1日中サングラスをかけている鷹巣明(永瀬正敏)というニヒルな男が住んでいた。失踪した父親・竜男(宇崎竜童)の後を継いで彫師となり、昼は郵便配達屋もこなしている鷹巣の日課は、町外れの白い家に引きこもって暮らす若い詩人(窪田正孝)にファンレターを届けることだった。

その詩人は“南十字星ペンギン”というペンネームで月刊誌に寄稿し、女子学生の絶大な支持を得ている。見かけからしてペンギン似の詩人は、いつもレトロな空調で室内をキンキンに冷やし、氷風呂に身を浸すという生態までペンギンのよう。そんなペンギンの浮世離れした日常を不思議がる鷹巣だったが、はみ出し者同士のふたりは奇妙な友情で結ばれていた。

『ファンシー』 (C) 2019「ファンシー」製作委員会
人付き合いが極度に苦手なペンギンは、月夜の星(小西桜子)と称するファンと文通を交わしていた。ペンギンの花嫁志願の熱狂的なファンの彼女は突然、ペンギンのもとに押しかけてくる。「妻として、先生をずっとお守りして差し上げるのが、私にとっての幸福なのです」と言って、月夜の星は強引にペンギン宅に住みつき、料理、風呂、洗濯などの身のまわりの世話を始め、すっかり奥様気取りだ。

性的不能なペンギンは、盲目的に自分を慕ってくる月夜の星に惹かれながらも、彼女を抱くことができない。鷹巣はペンギンが性的不能である事実を月夜の星に告げ、2人は欲望に駆られるままに体を重ね合う。映像には、ペンギンが「一緒にお風呂入んないかい?」と月夜の星を誘う場面や、鷹巣と月夜の星の官能的な場面などが垣間見える。

『ファンシー』 (C) 2019「ファンシー」製作委員会
一方、温泉街には鷹巣のもとに刺青を入れにやってくる裏社会の男・新田(深水元基)、鷹巣の勤務先の郵便局長で風俗嬢を斡旋する射的屋でもある田中(田口トモロヲ)、鷹巣の後輩でグチばかりこぼしているヤクザ組長二代目の国広(長谷川朝晴)など、時代の流れに取り残されたような寂れた町で、孤独な男たちがそれぞれがあてどもない日々を生きていた。

やがて、ヤクザのドンが狙われる血生臭い事件が続発。3人の関係と温泉街での事件がどのように絡んでいくのかにも期待が高まる予告編に仕上がっている。



予告編と同時にプレス表紙ビジュアルも解禁。上段には明るい部屋の中でサングラス姿で佇む鷹巣と自身へのファンレターを読むペンギン、下段には暗い部屋の中で青い光に照らされた月夜の星の姿が配置され、それぞれ対照的な印象のビジュアルに仕上がっている。

『ファンシー』 (C) 2019「ファンシー」製作委員会
『ファンシー』は2020年2月7日(金)よりテアトル新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top