「鹿の王」映画化、『もののけ姫』『君の名は。』アニメーターが初監督

アニメ&ドラマ化もされた「精霊の守り人」シリーズで知られる上橋菜穂子の「鹿の王」のアニメ映画化のスタッフ情報が明らかになった。またイメージカットビジュアルも到着した。

映画 邦画ニュース
『鹿の王』(C)2020「鹿の王」製作委員会
  • 『鹿の王』(C)2020「鹿の王」製作委員会
  • 『鹿の王』(角川文庫)著者:上橋菜穂子(C)KADOKAWA CORPORATION
アニメ&ドラマ化もされた「精霊の守り人」シリーズで知られる上橋菜穂子による「鹿の王」のアニメ映画化のスタッフ情報が明らかになった。またイメージカットビジュアルも到着した。

強大な帝国にのまれていく故郷を守るために戦う戦士団<独角>。その頭であったヴァンは、奴隷に落とされ、岩塩鉱に囚われていた。ある夜、ひと群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生。その隙に逃げ出したヴァンは幼い少女を助け、育てることに。

一方、移住民だけが罹るとうわさされる病が広がる王幡領では、医術師ホッサルが懸命に、その治療法を探していた。感染から生き残った男と、命を救うため奔走する医師。過酷な運命に立ち向かう人々の“絆”の物語――。

上橋氏の新たな代表作「鹿の王」は、2015年の本屋大賞を受賞し、シリーズ累計190万部を突破した話題作。強大な帝国が支配する世界で、謎の病から生き延び、過酷な運命に立ち向かいながら旅を続ける血の繋がらない“父と娘”。その病から多くの命を救おうと、奔走する医術師。父と娘の絆、そして運命的な出会い。壮大な世界観の中に、緻密な医療サスペンスと感動のストーリーが組み込まれた冒険小説となっている。

『鹿の王』(角川文庫)著者:上橋菜穂子(C)KADOKAWA CORPORATION
3月に「Production I.G」がアニメ映画として製作を発表すると、原作ファンやアニメファンから多くの反響があった本作。そんな中今回、新たな製作スタッフが発表された。

監督を務めるのは、『もののけ姫』の作画監督に大抜擢後、『千と千尋の神隠し』や『君の名は。』の作画監督を担当した安藤雅司。今回初の監督を務めるほか、キャラクターデザイン、作画監督も担う。

そして、共同監督として『千と千尋の神隠し』では監督助手、『伏 鉄砲娘の捕物帳』で映画初監督を務めた宮地昌幸が安藤監督と共に映画を作り上げていくほか、「ハイキュー!!」シリーズや「僕だけがいない街」の岸本卓が脚本を担当、豪華スタッフが集結した。

『鹿の王』は2020年9月18日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top