堤真一&竹内涼真&杏『鹿の王』に出演、特報映像も公開

『鹿の王 ユナと約束の旅』の声優キャストとして、堤真一、竹内涼真、杏の出演が決定。特報映像とティザービジュアルも公開された。

映画 邦画ニュース
『鹿の王 ユナと約束の旅』(C)2021「鹿の王」製作委員会
  • 『鹿の王 ユナと約束の旅』(C)2021「鹿の王」製作委員会
  • 『鹿の王 ユナと約束の旅』(C)2021「鹿の王」製作委員会
  • 『鹿の王』(C)2020「鹿の王」製作委員会
  • 『鹿の王』(角川文庫)著者:上橋菜穂子(C)KADOKAWA CORPORATION
  • 堤真一/WOWOW「連続ドラマW 名刺ゲーム」の第1話完成披露試写会
  • 竹内涼真/映画『センセイ君主』スペシャルステージイベント&完成披露舞台挨拶
  • 杏/『オケ老人!』ジャパンプレミア
アニメ界最高峰のスタッフが集結した感動ファンタジー大作『鹿の王 ユナと約束の旅』の声優キャストとして、堤真一、竹内涼真、杏の出演が決定。特報映像とティザービジュアルも公開された。

>>『鹿の王 ユナと約束の旅』あらすじ&キャストはこちらから

2015年度本屋大賞と日本医療小説大賞をW受賞し、シリーズ累計220万部を突破した上橋菜穂子のベストセラー小説を、制作スタジオは、国内外から高い評価を受けハイクオリティな映像作品を世に送り出し続けるProduction I.G、監督は『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『君の名は。』の作画監督を担ったトップアニメーター・安藤雅司、共同監督には『千と千尋の神隠し』で宮崎駿の監督助手を務めた宮地昌幸、脚本は「ハイキュー!!」「僕だけがいない街」の岸本卓が担当し、日本アニメ界最高峰と呼べる豪華スタッフが集結しアニメーション映画化。

『鹿の王 ユナと約束の旅』(C)2021「鹿の王」製作委員会
物語の主人公、生き残った孤独な戦士ヴァンの声を務めるのは、声優初挑戦となる堤真一。前々から原作を読んでいたという堤さんは「この壮大な世界観が大好きでした。実写化は難しいだろうと想像していたので、こうやって関われたことが嬉しく、また、ご縁を感じましたね。アニメの声優は初めての経験で、慣れないことばかりで本当に難しかったです」とコメントし、「原作がお好きな方も、読んだ事のない方にも楽しんでいただける作品です」と話す。

堤真一/WOWOW「連続ドラマW 名刺ゲーム」の第1話完成披露試写会
そしてもうひとりの主人公、謎の病の治療法を探す天才医師のホッサルを、アニメーションの声優初挑戦となる竹内涼真が演じる。「自分の声で大丈夫かな?とドキドキする気持ちもありましたが、ホッサルのカッコいいビジュアルに負けないように声を作って演じることを意識しました」と語り、「原作のキャラクターそれぞれの持ち味が素敵なので、アニメ化された時のセリフやビジュアル、映像などすごい迫力になっていると思います」とアピール。

竹内涼真/映画『センセイ君主』スペシャルステージイベント&完成披露舞台挨拶
また、ヴァンを追う謎の女戦士サエをが演じる。杏さんは「上橋先生とは以前、まさに『鹿の王』で対談させていただき、その際にこの作品にかける情熱やこだわりをお伺いしたこともあり、私がキャスティングされた時は、とても嬉しかったけれど、まずは上橋先生がどう思うだろう、と上橋先生にお電話をして『本当に私で良いんですか!?』とお聞きしました。幸い、喜んでいただけてホッとしました」と原作者とのやり取りを明かし、「サエは孤独な狩人の役で、戦闘のシーンも多く、声だけとはいえ実際に殺陣を習うように動きの指示を受けて録音しました。2年前の収録段階では、まだ映像が完成していない状態でしたので、私も出来上がりを楽しみにしております」と公開に期待を寄せている。

杏/『オケ老人!』ジャパンプレミア
さらに今回、本作の世界観を少し覗くことができる特報映像も到着。堤さん演じるヴァンや、声は収録されていないものの竹内さんが演じるホッサル、杏さんが演じるサエの姿も確認することができる。


『鹿の王 ユナと約束の旅』は9月10日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top