レネー・ゼルウィガーがステージで涙…『ジュディ 虹の彼方に』予告

伝説のミュージカル女優ジュディ・ガーランドが亡くなる半年前に行われたロンドン公演の日々を鮮烈に描いた『ジュディ 虹の彼方に』から、予告編が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『ジュディ 虹の彼方に』 (C) Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019
  • 『ジュディ 虹の彼方に』 (C) Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019
  • 『ジュディ 虹の彼方に』 (C) Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019
  • 『ジュディ 虹の彼方に』(C) Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019
伝説のミュージカル女優ジュディ・ガーランドが亡くなる半年前に行われたロンドン公演の日々を鮮烈に描いた『ジュディ 虹の彼方に』から、予告編が解禁となった。

>>『ジュディ 虹の彼方に』あらすじ&キャストはこちらから

今回解禁された予告編では、『オズの魔法使』のドロシー役でスターとなってから30年が過ぎ、借金を抱え住む家もなくなった、レネー・ゼルウィガー演じるジュディがロンドンでのショーを提案される姿が描かれる。

迎えた公演初日、「口がカラカラ。歌えない」と弱音を吐くが、ステージの上では超一流のエンターテイナーの姿を見せ、公演は連日満席。しかし、愛する子どもたちと離れ離れになり、疲労が溜まっていくジュディは終いにはステージで倒れてしまう…。


全てを失いつつあるジュディ。しかし、自分が愛される場所はステージしかないと、輝くために、生きるために思いを込め歌唱する「オーバー・ザ・レインボー」。最後は万雷の拍手が響き渡る最後のステージに涙ぐむ彼女の姿で締めくくられ、感動の物語を期待させる予告編に仕上がっている。


彼女を演じ、自らもジュディ・ガーランドの大ファンと語るレネーは、正式なリハーサルの1年前からアメリカで歌のコーチとトレーニングを開始。その後、音楽監督のマット・ダンクリーと一緒に4か月のリハーサルを行い、ジュディの動き全てをマスターし、圧倒的な存在感を見せつけている。

『ジュディ 虹の彼方に』は2020年3月6日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top