キスマイ北山、「全裸監督」森田望智ら“赤っ恥体験”を告白…「アノ恥があったから今がある!」

ゲストが転機となった赤っ恥体験を披露、再現ドラマにしてスタジオトークを展開するバラエティ「アノ恥があったから今がある!」の第2弾が全国ネットに進出。1月2日(木)今夜MBS、TBS系で放送される。

最新ニュース スクープ
ゲストが転機となった赤っ恥体験を披露、再現ドラマにしてスタジオトークを展開するバラエティ「アノ恥があったから今がある!」の第2弾が全国ネットに進出。1月2日(木)今夜MBS、TBS系で放送される。

2019年7月にMBSローカルで放送され大好評を博した本番組。その第2弾が新春特番として全国ネットで放送されることになり、「恥は全然恥ずかしいことじゃないんだよ!」と豪語する“恥の王様”出川哲朗を中心に「平成ノブシコブシ」吉村崇が進行役を務める。

今回、人生の“転機となったアノ瞬間”を振り返るゲストは「Kis-My-Ft2」北山宏光。モデルの藤田ニコルとアンミカ。2019年に大ブレイクしたお笑いコンビ「EXIT」。大ヒット配信ドラマ「全裸監督」に抜擢された森田望智。


2011年に「Kis-My-Ft2」としてCDデビュー。紅白出場も果たす一方、ソロとしても映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』で映画初出演にして初主演も務めるなど活動の場を広げる北山さんは、なんと「Kis-My-Ft2」ではなく「NEWSとしてデビューするはずだった」という衝撃の“恥エピソード”を初告白。さらに出川さんが「この番組で告白することじゃない!」と叫んだ北山さんとジャニー喜多川氏との知られざる事件も初めて語られる。

雑誌ニコラのモデルとして活動、そのキャラクターと独自のセンスが支持され人気を博した藤田さんは、オーディションに挑戦しても不合格続きだった苦難の下積み時代に、苦手なダンス審査で大恥をかいたというソーラン節をスタジオで披露。


チャラ男、パリピキャラで大ブームを巻き起こし、よしもと男前ランキングでも1位と5位を獲得するなど大人気の「EXIT」は、コンビ結成前にキャラが迷走していた時代のネタを公開してくれる。

80年代伝説のAV監督・村西とおる氏を山田孝之が演じて、Netflixで配信され話題を呼んだ「全裸監督」に、伝説のセクシー女優・黒木香役で出演したことで大きな注目を集めた森田さんは、彼女の原点ともいえる“独特過ぎる恋愛体験”を明かす。

また国内外で大活躍するアンミカさんが極貧時代のエピソードを明かすほか、みやぞんの天然エピソード、村上佳菜子や丸山桂里奈はトップアスリートならではの恥ずかしいことを、陣内智則、天童よしみらも自らの“恥ずかしいエピソード”を明かしてくれる。

初出しエピソード満載で送る「アノ恥があったから今がある!」は1月2日(木)16時~MBS、TBS系で放送。
《笠緒》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top