【インタビュー】ジョン・カビラ&高島彩、今年のアカデミー賞を大予想「驚く結果が待っているかも」

日本時間2月10日(現地時間2月9日)に開催される世界最高峰の映画の祭典「第92回アカデミー賞授賞式」を、WOWOWではアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターより独占生中継。案内役を務めるのは、いまや名コンビと言っても過言ではないジョン・カビラと高島彩だ。

最新ニュース インタビュー
ジョン・カビラ&高島彩/photo:Jumpei Yamada
  • ジョン・カビラ&高島彩/photo:Jumpei Yamada
  • 高島彩/photo:Jumpei Yamada
  • ジョン・カビラ/photo:Jumpei Yamada
  • ジョン・カビラ&高島彩/photo:Jumpei Yamada
  • 高島彩/photo:Jumpei Yamada
  • ジョン・カビラ/photo:Jumpei Yamada
  • 高島彩/photo:Jumpei Yamada
  • ジョン・カビラ/photo:Jumpei Yamada
日本時間2月10日(現地時間2月9日)に開催される世界最高峰の映画の祭典「第92回アカデミー賞授賞式」を、WOWOWではアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターより独占生中継。案内役を務めるのは、いまや名コンビと言っても過言ではないジョン・カビラと高島彩だ。

助演男優賞はブラッド・ピットで決まり? 俳優として初受賞か


カビラさんは2007年(第79回)から案内役を務めており、今回がなんと14回目。高島さんとのコンビは8回目となり「もうね、盤石ですから。プロ中のプロでいらっしゃるから、なんの不安もございません」(カビラさん)、「年に1回、この季節だけ、椅子を引いてくださる男性とお会いできるので(笑)。あうんの呼吸でご一緒させていただいている」(高島さん)と全幅の信頼を寄せている。そんなお二人に、今年のアカデミー賞の行方を大胆予想してもらった。

――まず、助演男優賞と助演女優賞からお話をうかがえれば。前哨戦と呼ばれる各映画賞で受賞を果たしている『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のブラッド・ピット、そして『マリッジ・ストーリー』のローラ・ダーンが本命視されています。

ジョン・カビラ/photo:Jumpei Yamada
カビラ:ローラ・ダーンがすごいのは、あんな辣腕弁護士を演じているのに、嫌味が一切ないというところ。離婚裁判ですから、相手をいかに論破し、打ち負かせるかが勝負ですけど、そのセリフ回しが本当に魅力的ですよね。予想するという視点では、確かにローラ・ダーンが本命ですが、僕が推したいのは『リチャード・ジュエル』のキャシー・ベイツ。息子の無実を信じる姿に、無条件の愛を感じさせるし、何というか…、もはや聖母ですよ。

高島助演男優賞はやはりブラッド・ピットでしょうね。今年の候補者の中では、唯一、俳優としてアカデミー賞を手にしていませんし、今度は本業でと応援しています。受賞したら、自虐を交えたスピーチを披露することになるのでしょうか。色んな意味で楽しみです。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(c)2019 Visiona Romantica, Inc. All Rights Reserved.『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
《text:Ryo Uchida/photo:Jumpei Yamada》

特集

関連記事

特集

page top