シャーリーズ・セロンらが大変身! アカデミー賞受賞メイクの全貌をタイムラプス公開

先日発表された「第92回アカデミー賞」で見事メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した『スキャンダル』。今回、その技術が映し出されるタイムラプス動画が到着した。

映画 洋画ニュース
『スキャンダル』(C) Lions Gate Entertainment Inc.
  • 『スキャンダル』(C) Lions Gate Entertainment Inc.
  • シャーリーズ・セロン『スキャンダル』 (C)Lions Gate Entertainment Inc.
  • 『スキャンダル』 (C)Lions Gate Entertainment Inc.
  • ニコール・キッドマン『スキャンダル』 (C)Lions Gate Entertainment Inc.
  • 『スキャンダル』 (C)Lions Gate Entertainment Inc.
全米最大TV局を揺るがした衝撃スキャンダルを描く『スキャンダル』。この度、先日発表された「第92回アカデミー賞」で見事メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したその技術が映し出されるタイムラプス動画が到着した。

>>『スキャンダル』あらすじ&キャストはこちらから

シャーリーズ・セロンがFOXニュースのキャスターであったメーガン・ケリーを、同じくキャスターであったグレッチェン・カールソンをニコール・キッドマン、FOXニュースのCEOであったロジャー・エイルズをジョン・リスゴーが、それぞれ俳優たちが“特殊メイク”を施し実在の人物に扮している本作。

特にシャーリーズの変貌ぶりには世界が驚愕し、本年度アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞。到着したタイムラプス動画では、みるみるうちに変貌を遂げるキャストたちのメイクアップの様子が覗ける。


特殊メイクを担当した日本出身のカズ・ヒロ(辻一弘)は「シャーリーズが一番メイクが厚いと思う。メーガンは瞼が厚いけど、シャーリーズの瞼は深くくぼんでいる。かなり形が違う。だから、コンタクトレンズを作り、鼻の先、下顎、両側のエラにピースを付けた」と双方の違いを説明し、「それに、シャーリーズ自身も素晴らしいメイクアップ・アーティストで、時には自分でメイクをしていたよ」と明かす。

シャーリーズ・セロン『スキャンダル』 (C)Lions Gate Entertainment Inc.
一方でニコールのメイクについては「付け加えるピースは鼻と顎だけにして、最低限にとどめたんだ」と語り、「ニコールの顔は非常に細い一方で、グレッチェンの顔は丸かったので、最初は、頬をカバーするピースをデザインしていたんだが、話し合いの末、それは無しにすることになった。最終的に鼻と顎だけになったんだ」とコメント。

ニコール・キッドマン『スキャンダル』 (C)Lions Gate Entertainment Inc.
さらに、ジョンのメイクについては「彼の場合はハイブリッドというか、ジョンとロジャーの間という感じだね」と印象を述べ、「準備期間があまりなかったので、最適なデザインを探る時間がなかった。だから、ジョンの見た目を維持しつつ、ロジャーのエッセンスを付け加えていったんだ。ロジャーは、どこかブルドッグような顔をしているからね。頬が垂れていて、鼻が大きい」と特徴を語った。

広告の後にも続きます
『スキャンダル』は2月21日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top