マギー・ギレンホールの監督デビュー作にオリヴィア・コールマンら出演

マギー・ギレンホールの監督デビュー作『The Lost Daughter』(原題)に、豪華キャストが集結。

最新ニュース ゴシップ
オリヴィア・コールマン&マギー・ギレンホール&ダコタ・ジョンソン (C) Getty Images
  • オリヴィア・コールマン&マギー・ギレンホール&ダコタ・ジョンソン (C) Getty Images
  • マギー・ギレンホール/第72回ゴールデン・グローブ賞-(C) Getty Images
  • オリヴィア・コールマン/第92回アカデミー賞授賞式レッドカーペット (C) Getty Images
  • オリヴィア・コールマン(『女王陛下のお気に入り』) (C) Getty Images
  • ダコタ・ジョンソン-(C)Getty Images
  • オリヴィア・コールマン(『女王陛下のお気に入り』) (C) Getty Images
  • ダコタ・ジョンソン (C) Getty Images
  • オリヴィア・コールマン (C) Getty Images
マギー・ギレンホールの監督デビュー作『The Lost Daughter』(原題)に、豪華キャストが集結。『女王陛下のお気に入り』でオスカーを獲得したオリヴィア・コールマン、ダコタ・ジョンソン(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ジェシー・バックリー(「FARGO/ファーゴ」、『ドクター・ドリトル』)そしてマギーの夫のピーター・サースガード(『マグニフィセント・セブン』)らが出演するという。「Variety」誌などが報じた。

この映画はベストセラー作家エレナ・フェッランテの「La figlia oscura」(英題:The Lost Daughter)をベースとした物語だといい、マギーが初めてメガホンを取り、脚本、プロデュースも手掛けている。

ストーリーの内容は、精神的なトラウマを抱えている大学教授(オリヴィア)が、夏の休暇中にある女性(ダコタ)と彼女の小さな娘に出会ったことで再びトラウマが蘇ってきて…というもの。

マギーは原作を読み終わったときに、「なにかの秘密に関する真実を声に大きく出して言われたような感覚を覚え、心がかき乱された一方で心地よさもあった」と同作への印象を明かしている。映画化すればさらに強烈な体験ができそうだと思い、自ら動き出したマギー。脚本をいろんな人に読んでもらったところ、大きな手ごたえを感じたという。「勇敢で刺激的な俳優たちやフィルムメーカーたちとコラボレーションできるのが、楽しみで仕方ない」と語った。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top