乃木坂の次世代エース・与田祐希、竜星&犬飼『ぐらんぶる』で衝撃の映画デビュー

竜星涼、犬飼貴丈というキャストと特報映像が発表されるとSNSで大盛り上がりを見せた映画『ぐらんぶる』に、「乃木坂46」の与田祐希がヒロイン役で出演することが明らかになった。

映画 邦画ニュース
1月末に竜星涼、犬飼貴丈というキャスト陣と彼らが体当たりで挑んだ特報映像が発表されると、Twitterトレンド1位入り、Yahoo!の検索ランキング1位を獲得するなどSNSで大盛り上がりを見せた映画『ぐらんぶる』。この度、「乃木坂46」の与田祐希がヒロイン役で出演することが明らかになった。

>>『ぐらんぶる』あらすじ&キャストはこちらから

本作で衝撃的な映画デビューを飾る与田さんが演じるのは、竜星さん演じる北原伊織のいとこで、ヒロイン・古手川千紗(こてがわ ちさ)。

『ぐらんぶる』(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会
伊織と耕平(犬飼さん)のダイビングサークル仲間で、普段はクール、でもダイビングのこととなると一転、キュートなしぐさを見せるクーデレ(クール+デレ)美少女。

与田さんは「乃木坂46」史上最多応募となった、2016年3期生オーディションで見事に合格を果たしデビュー。翌年に発売された18thシングル「逃げ水」では異例のスピードで、初選抜にして初Wセンターに大抜擢。

さらに1st写真集「日向の温度」が発売されると、初版で10万部発行を記録し、2018年にはテレビ東京系ドラマ「モブサイコ100」にて女優デビューを果たすなど、多方面で活躍中。そんな次世代のエースが、まさかの「ぐらんぶる」で映画女優デビュー。

異色の青春コメディである本作で異例のデビューとなる与田さん。伊織と耕平のバカ騒ぎをまるで虫ケラを見るかのような目で蔑んだり、男たちを足で踏んだり、さらには白目を剥くぶっ飛んだ顔を見せるなど、これまでのイメージを覆す体当たり演技で挑んでいる。

与田祐希『ぐらんぶる』(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会
映画初挑戦となることが決まった際の心境を、与田さんは「グループから離れた1人でのお仕事なのでとても緊張していました」とコメント。また、「私が演じる千紗は、とてもたくましい女の子なので、ヤバい男たちには負けません」と力強く語り、女優魂を見せた。

さらに与田さんのマネージャーからは、「与田祐希、そして乃木坂46を応援していただいている皆様、大変申し訳ございません」とまさかの謝罪が! しかし、「ヤバい奴ら相手に与田が金属バットを振り回し、飛び蹴りをかます姿を見ていただければ、きっと安心していただけるはずです」と、新たな才能の開花に自信をのぞかせている。

エグゼクティブプロデューサーの関口氏は、「原作を読んで千紗役には与田さん以外考えられなかった」と語り、「撮影現場では、漫画から抜け出た千紗がそこに存在しているよう」だったと与田さんの起用について明かしている。

『ぐらんぶる』は5月29日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top