吉沢亮、存在感のなさをアピール?「めちゃめちゃ根暗、基本気づかれない」

広瀬すずが人生初のコメディ映画に挑戦した映画『一度死んでみた』の完成披露ミサが2月24日(月・祝)に都内で行われ、広瀬さんのほか、共演の吉沢亮、堤真一らが登壇、“デスポーズ”で会場を盛り上げた。

最新ニュース レポート
映画『一度死んでみた』完成披露ミサ
  • 映画『一度死んでみた』完成披露ミサ
  • 映画『一度死んでみた』完成披露ミサ
  • 映画『一度死んでみた』完成披露ミサ
  • 映画『一度死んでみた』完成披露ミサ
  • 映画『一度死んでみた』完成披露ミサ
  • 映画『一度死んでみた』完成披露ミサ
  • 映画『一度死んでみた』完成披露ミサ
  • 映画『一度死んでみた』完成披露ミサ
広瀬すずが人生初のコメディ映画に挑戦した『一度死んでみた』の完成披露ミサが2月24日(月・祝)に都内で行われ、広瀬さんのほか、共演の吉沢亮、堤真一らが登壇、“デスポーズ”で会場を盛り上げた。

『一度死んでみた』は「2日間だけ死んじゃう薬」をめぐり大騒動が巻き起こるコメディ。父親(堤さん)のことが大嫌いな女子大生の七瀬(広瀬さん)は、売れないデスメタルバンドでボーカルを務め、ライブで「一度死んでくれ!」と父への不満をシャウトする日々。ある日、父が「2日間だけ死んじゃう薬」を飲み仮死状態になるも、あわや火葬されてしまいそうに。七瀬は父の部下・松岡(吉沢さん)とともに、父を救うため立ち上がる。

広瀬さん&吉沢さんの意外な役作り


役作りについて聞かれた広瀬さんは、「私の中にあるやさぐれ精神がパーンと出た感じがあって、気持ちよく発散のような感覚でセリフが出るようになりました。気持ちよかったなと思います」と、にんまり。浜崎慎治監督も、「もともとそういう感じの人なのかなと思うくらいはまり役でした」と太鼓判を押す。

一方、存在感がなさすぎる役でイケメンオーラを完全に封印した吉沢さんは、「内面的なところでは、ほぼ役作りしていない。僕自身めちゃめちゃ根暗なので、素の吉沢亮でやっていました」と告白。現場でも存在感のなさを発揮していたそうで、「基本、気づかれないので、自分がいるのに“吉沢さん待ちでーす!”の空気がたまにあったりする(笑)」と苦笑いしていた。

リリーさんが広瀬さんに壁ドン!? 夢語る


タイトルにかけて「一生のうちに一度してみたいこと、これをやらないと死んでも死にきれないこと」を聞かれた登壇陣。広瀬さんは「リリーさんとラジオ」と言い、リリー・フランキーも「いいですね、やりましょう」と言いつつ、リリーさんは「(広瀬さんと)共演は多いんですけど、いつも僕の役が近所の変なおじさんとか、よくてお父さんとか。一度共演して1回でもすずに壁ドンとかしてみたい」と希望をぶちまける。

すると、続く小澤征悦が、「映画監督をしてみたい。広瀬すずちゃん主演でリリーさんに壁ドンしてもらう。アドベンチャーですよね!」と乗っかり、松田翔太まで「浜崎さんの次回作で壁ドンしてみたい。出てみたいです」と、つられて「壁ドン」旋風を巻き起こしていた。

完成披露ミサには、そのほか、嶋田久作、木村多江が出席した。

『一度死んでみた』は3月20日(金・祝)より全国ロにて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top