神谷浩史&坂本真綾『サイダーのように言葉が湧き上がる』に参加、ネバヤンが主題歌担当

人気声優の神谷浩史と坂本真綾が、市川染五郎と杉咲花がメインキャラクターに声をあてるアニメーション映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』に参加することが決定。本作のメインビジュアルも到着した。

映画 邦画ニュース
人気声優の神谷浩史と坂本真綾が、市川染五郎と杉咲花がメインキャラクターに声をあてるアニメーション映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』に参加することが決定。本作のメインビジュアルも到着した。

>>『サイダーのように言葉が湧き上がる』あらすじ&キャストはこちらから

染五郎さんが、コミュニケーションが苦手で俳句以外では思ったことをなかなか口に出せないチェリー、杉咲さんが見た目のコンプレックスをどうしても克服できないスマイルを演じるほか、山寺宏一、花江夏樹、梅原裕一郎、潘めぐみ、中島愛、諸星すみれら豪華声優が脇を固める本作は、イシグロキョウヘイ監督が言葉×音楽をキーワードに、少年少女のひと夏の青春を描く劇場オリジナルアニメーション。

そこに今回、「夏目友人帳」や「マクロスF」、イシグロ監督が手掛けた「クジラの子らは砂上に歌う」にも出演した神谷さんと、「黒執事」シエル・ファントムハイヴ役や、ナタリー・ポートマンの吹き替え、歌手としても活躍中で今回初のイシグロ監督作品への参加となる坂本さんという強力なキャストが加わることが決定。

そして音楽情報もついに解禁。主題歌を手掛けるのは、「never young beach」。映画タイトルと同名となる「サイダーのように言葉が湧き上がる」を書き下ろし。


さらに、監督が「シナリオを書いている時にずっと聞いていた」という大貫妙子が劇中歌「YAMAZAKURA」をこちらも書き下ろしで提供する。


また同時に、キャラクターデザインを担当した愛敬由紀子による描き下ろしメインビジュアルが到着。青空の下、少年チェリーとマスク少女スマイルを中心に様々なキャラクターたちが生き生きと描き出されている。

『サイダーのように言葉が湧き上がる』(C)2020 フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
『サイダーのように言葉が湧き上がる』は5月15日(金)より全国にて公開。

never young beach「サイダーのように言葉が湧き上がる」、アニメーション映画「サイダーのように言葉が湧き上がる」O.S.Tは5月13日(水)リリース予定。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top