グザヴィエ・ドラン「全てが切り離せない」信念覗く撮影裏映像『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』から、グザヴィエ・ドラン監督が現場で見せた強い信念が覗く本作のメイキング映像が到着。

映画 洋画ニュース
『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』メイキング(C)2018 THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
  • 『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』メイキング(C)2018 THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
  • 『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』(C)2018 THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
  • 『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』 (C)2018 THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
  • 『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』 (C)2018 THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
  • 『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』 (C)2018 THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
  • 『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』(C)2018 THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
  • 『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』 (C)THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
  • 『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』新ビジュアル(C)2018 THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
少年時代のグザヴィエ・ドラン監督が、“憧れのスター”レオナルド・ディカプリオに宛てた手紙から生まれた物語『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』。この度、ドランが現場で見せた強い信念が覗く本作のメイキング映像が到着した。

>>ジョン・F・ドノヴァンの死と生』あらすじ&キャストはこちらから

今回届いたメイキング映像では、ドラン監督が役者の演技を見て満足そうに微笑む姿や、監督自ら役者にアクセサリーを付ける姿など、撮影の裏側を垣間見ることができる。19歳でその名を世界に知らしめた若き才能ドランといえば、妥協なき映画作りをすることで有名。本作の現場でも、その徹底ぶりが分かる様々な出来事が。


「ある日セットに来ると125人のエキストラがいたのだけれど、グザヴィエは彼らの衣装やセットに納得していなかったんです。そして彼は『僕は間違ったやり方では撮りたくない。もう一度あとで撮ろう。きっとうまくやれる方法が見つかるはずだよ』と言ってエキストラ全員を帰したんです」と証言するのは、撮影監督を務めたアンドレ・テュルルパン。

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』 (C)2018 THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
ドラン監督本人は、自身の映画製作について「僕は、企画から完成まで映画制作の過程全てに携わりたいと思っている。映画というのは様々な芸術の融合なんだ。衣装、台詞、アングル、カメラの位置はすべて一体で、お客さんは全てのものを見て、感じ取ってる。だから全てが切り離せない、それが映画なんだ」と語っており、その中でも「衣装は別格。本当は自分で作りたいくらいだよ」と語る。本作では素材選びからデザイン作業を始めたという裏話も。

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』 (C)THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
初めてドランの現場を体験したナタリー・ポートマンは、撮影をふり返り「グザヴィエは、映画界で稀有の勢いのある監督で、彼ほどに独自の世界観を持っている人はなかなかいない。子役の子を持つ母サムという役を演じるにあたり、グザヴィエから彼女の服装や雑誌の写真、彼女が聴いている音楽が次々に送られてきたので、彼女の生きている世界を共有することができました」と語っている。

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』(C)2018 THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
覚悟と責任を持って作品を世に送り続けるグザヴィエ・ドラン。本作でもその強い信念を確かめてみてほしい。

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』は3月13日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top