「私の人生もいつか輝くでしょうか」孤独な少女の日常映し出す『はちどり』予告

ベルリン国際映画祭を始め、世界各国で50以上の賞を受賞した、誰しも経験したことのあるであろう思春期特有の揺れ動く思い、そして家族との関わりを繊細に描いた『はちどり』から、本予告が解禁となった。

韓流・華流 スクープ
『はちどり』 (C) 2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.
  • 『はちどり』 (C) 2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.
  • 『はちどり』 (C) 2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.
  • 『はちどり』 (C) 2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.
  • 『はちどり』 (C) 2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.
  • 『はちどり』 (C) 2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.
  • 『はちどり』 (C) 2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.
  • 『はちどり』 (C) 2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.
ベルリン国際映画祭を始め、世界各国で50以上の賞を受賞した、誰しも経験したことのあるであろう思春期特有の揺れ動く思い、そして家族との関わりを繊細に描いた『はちどり』から、本予告が解禁となった。

>>『はちどり』あらすじ&キャストはこちらから

今回解禁された本予告は、ウニが通う漢文塾の教師であり、憧れの大人の女性・ヨンジの「知っている中で本心まで知っているのは、何人?」という問いかけから始まる。

兄の受験のことばかりで家族からは関心を向けられず、学校にもなじめないウニ。ただ過ぎていく単調な日々の中、暇に任せてノートに落書きをしていると、「私も漫画が好き」とヨンジ先生だけがウニの存在に気づき、気にかけてくれた。


これまで明かすことのなかった自分の胸の内を、ヨンジ先生だけに少しずつ明かしていくウニ。友人との言い争い、淡い恋愛、わけもなく叫びたくなるような、どうしようもない苛立ち…。

“世界”となかなか折り合いのつかない自分にヨンジ先生は「自分を好きになるには時間が必要」「誰かと出会い、何かを分かち合う」「世界は不思議で美しい」と静かに語りかける。

最後は、「先生、私の人生もいつか輝くでしょうか」というウニの問いかけで締めくくられ、世界各国で50以上の賞を受賞、世界中を虜にした14歳のウニの珠玉の日常が詰まった予告映像に仕上がっている。

『はちどり』は4月25日(土)よりユーロスペースほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top