志村けんさんの軌跡をふり返る…「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」

フジテレビでは4月1日(水)、「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」をオンエアする。

最新ニュース スクープ
「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(C)フジテレビ
  • 「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(C)フジテレビ
  • 「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(C)フジテレビ
  • 「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(C)フジテレビ
  • 「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(C)フジテレビ
フジテレビでは4月1日(水)、「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」をオンエアする。新型コロナウイルス肺炎のため3月29日に亡くなった志村さんとゆかりのあるゲストを迎え、これまでの軌跡をふり返る。

「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(C)フジテレビ
1950年、東京都東村山市に生まれ、音楽と笑いに魅せられ「ザ・ドリフターズ」に弟子入り。24歳で正式メンバーとなると人気番組「8時だョ!全員集合」で「東村山音頭」を披露し、これが一躍話題に。その後「ヒゲダンス」や「最初はグー」ではじまるじゃんけんなど、数々のネタが子どもたちを中心に人気を博した志村さん。

「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(C)フジテレビ
その後「志村けんのバカ殿様」の放送が開始されると、ダチョウ倶楽部や柄本明らと共演、新たな笑いのスタイルを開拓。番組内に登場した“変なおじさん”がまたしても子どもから若い世代を虜にして大人気に。

「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(C)フジテレビ
1999年には高倉健主演の映画『鉄道員』に出演。同作以来21年ぶりの映画出演となり、菅田将暉とW主演を務める山田洋次監督作『キネマの神様』が12月公開予定だったが、3月25日に新型肺炎の罹患と、同作の出演辞退が発表。その後闘病が続いていたが、3月29日、満70歳で逝去した。

今回は、ドリフターズ時代からバカ殿、「だいじょうぶだぁ」など数々の名作コントを一挙放送。変なおじさん、ひとみ婆さん、いいよなおじさんなど志村さんが生み出した名物キャラも次々登場。

「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(C)フジテレビ
加藤茶、仲本工事、高木ブー、研ナオコ、いしのようこら、志村さんとゆかりのあるゲストとともに、46年にわたるコメディアンとしての偉大なる軌跡をふり返っていく。

「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」は4月1日(水)19時~フジテレビ系でオンエア。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top