池井戸ドラマの元祖にして王道「半沢直樹」VS 正義と必要悪に葛藤する主人公を描く異色作「鉄の骨」

「下町ロケット」「ノーサイド・ゲーム」などもはや“池井戸ドラマ”というひとつのジャンルをドラマ界に築いたともいえる人気作家・池井戸潤の小説を原作にしたドラマ。「池井戸潤原作の作品ならば必ず見る」という方も多いのでは?

最新ニュース コラム
「半沢直樹」 (C) TBS
  • 「半沢直樹」 (C) TBS
  • 「半沢直樹」 (C) TBS
  • 連続ドラマW「鉄の骨」
  • 連続ドラマW「鉄の骨」
  • 連続ドラマW「鉄の骨」
  • 連続ドラマW「鉄の骨」
「下町ロケット」「ノーサイド・ゲーム」などもはや“池井戸ドラマ”というひとつのジャンルをドラマ界に築いたともいえる人気作家・池井戸潤の小説を原作にしたドラマ。「池井戸潤原作の作品ならば必ず見る」という方も多いのでは?

この春からは、同時に2作の新たな池井戸ドラマが放送! 1本は残念ながら新型コロナウイルスの影響で放送開始が延期となってしまいましたが、池井戸ドラマというジャンルの確立のきっかけ、いや、TBSの日曜劇場に新たな路線を作ったといっても過言ではない大ヒットドラマの7年ぶりの続編となる「半沢直樹」。

連続ドラマW「鉄の骨」
そして、もう1本が「空飛ぶタイヤ」(2009年)、「下町ロケット」(2011年)など、実はTBSの「半沢直樹」(2013年)以前から池井戸作品を連続ドラマ化し、高い評価を集めてきたWOWOWによる「鉄の骨」(4月18日より放送)です。

ここではこの2作品の特徴や違いに触れつつ、それぞれの作品の魅力について紹介していきます。

巨悪に立ち向かい“倍返し”に期待「半沢直樹」


「半沢直樹」 (C) TBS
多くの人々の心を掴んで離さない池井戸ドラマの共通点として挙げられるのが「勧善懲悪」、「下剋上」といったキーワード。小さな町工場や存続の危機に陥った実業団スポーツチームなど、“弱小”とも言える立場の人々が巨大な悪や強力なライバル、不条理とも言えるような危機的な状況に立ち向かう姿に視聴者は感動を覚え、最後にガツンと悪を成敗し、勝利をつかみ取るさまに爽快さを感じてきました。

前作の「半沢直樹」も、大手銀行に勤める主人公・半沢(堺雅人)と仲間たちが「倍返し!」を決めゼリフに、焦げついた5億円もの融資の回収、経営の傾いたホテルの再建に奔走するというストーリーであり、最終話で半沢が“ラスボス”の大和田常務(香川照之)の不正を暴き、土下座を迫るシーンは大きな話題を呼びました。

続編では、前作のラストで子会社「セントラル証券」への出向を命じられた半沢の新たな戦いが描かれます。IT企業による1500億円規模の敵対的買収、そして航空会社の再建が本作の題材となるようですが、やはり視聴者が待ち望んでいるのは絶体絶命に陥った半沢が巨悪に立ち向かい、「倍返し」をするさまでしょう。元祖にして王道の池井戸ドラマがもたらす爽快感に期待が高まります。

「正義とは何か?」を問う「鉄の骨」


連続ドラマW「鉄の骨」
一方で、そんな池井戸作品の「勧善懲悪」というセオリーから外れた異色の作品と言えるのが「鉄の骨」です。建設業界における「談合」――公共事業や新たな施設の建設の際に行われる入札の金額を参加企業が事前に話し合い、落札業者を調整するという不正行為をテーマに扱っていますが、大きな特徴は主人公が、この不正に手を染める側の人間であるということ。

神木隆之介演じる主人公・平太は中堅建設会社に勤める誠実な若手社員。そんな彼が、公共事業の受注などを担当する業務部への異動を命じられ、そこで建設業界全体で当然のごとく行われている談合の実態を目の当たりにし、自らもそこに関わっていくことになります。

連続ドラマW「鉄の骨」
通常の池井戸ドラマであれば、正義に燃える主人公は、そんな業界に怒りを覚え、不正を暴いて…という展開になりそうですが、そうはならないのが本作の魅力。違法であり、不正であることは間違いないが、その一方で談合は雇用、業界全体を守るための“必要悪”。そんな大人たちの論理を前に平太は葛藤し、見る者に「正義とは何か?」と問いかけます。

とはいえ、そんな重いテーマを描きつつも、熱い人間ドラマと爽快感、そして最後にはアッと驚くどんでん返しも待っており、「半沢直樹」同様にしっかりと「これぞ池井戸ドラマ!」と言える魅力が詰め込まれています。

骨太の物語を支える実力派キャスト集結


「半沢直樹」 (C) TBS
キャスティングは、「半沢直樹」「鉄の骨」いずれもオールスターキャストといえる陣容。「半沢直樹」では半沢役の堺雅人をはじめ、妻・花役の上戸彩、同期の親友・渡真利役の及川光博に“オネエ検事”で話題をさらった黒崎役の片岡愛之助、頭取・中野渡役の北大路欣也らが続投。前作で半沢に屈辱の土下座を迫られ、失脚した大和田は、原作シリーズではそれ以降は登場しませんが、前作での香川照之の熱演が大きな話題を呼んだこともあってか、こちらも続投! 一体、どんな顔芸を見せてくれるのか楽しみです。

「鉄の骨」も池井戸ドラマ初参加となる神木隆之介さんをはじめ、平太を業務部に引っ張った人物でもあるやり手の常務・尾形に内野聖陽、平太の彼女で銀行員の萌に土屋太鳳、萌の上司で相談相手でもあり、平太の恋のライバルともなる園田に向井理、建設業界のフィクサー役に柴田恭兵などWOWOWならではの骨太の物語を支えるべく実力派キャスト陣が顔を揃えます。

連続ドラマW「鉄の骨」
また談合を捜査する東京地検特捜部の検事を、「半沢直樹」で半沢に倍返しされる支店長を演じた石丸幹二が演じるほか、同じく支店で半沢を妨害する上司を演じた宮川一朗太が、「鉄の骨」では平太の上司の業務部長を演じるなど、池井戸ドラマファンにとっては嬉しいキャスティングも!

家から出られずストレスの溜まりやすい状況ですが、異なるタイプの池井戸ドラマで爽快感と深みを味わってみては?

「鉄の骨」はWOWOWにて4月18日(土)より放送開始。
「半沢直樹」はTBS系にて放送(※日程調整中)。
《text:Naoki Kurozu》

特集

関連記事

特集

page top