映画よりも恐ろしい…Netflix「呪怨」7月3日配信、背筋が凍る予告編も

「呪怨:呪いの家」が7月3日(金)より「Netflix」にて配信スタート。この度、史上最高の恐怖を予感させる本作の予告編と場面写真が到着した。

最新ニュース スクープ
Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」
  • Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」
  • Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」
  • Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」
  • Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」
  • Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」
  • Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」
  • Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」
  • Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」
Jホラーの金字塔『呪怨』シリーズ最新作でシリーズ初のドラマ化となる「呪怨:呪いの家」が7月3日(金)より「Netflix」にて配信スタート。この度、史上最高の恐怖を予感させる本作の予告編と場面写真が到着した。

1988年、心霊研究家の小田島はオカルト番組で共演した新人タレント・はるかが経験した怪現象に興味を引かれる。同じ頃、あるトラブルによって転校を余儀なくされた女子高生の聖美は級友たちに誘われ、“猫屋敷”と呼ばれる空き家を肝試し気分で訪れることに。6年後、ソーシャルワーカーの有安は虐待されている子どもを救おうと、必死の行動を起こす。全く接点のなかった彼らは、一軒の家を中心に引き寄せられていく――。

Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」
これまでの『呪怨』シリーズは、呪われた家で起きた恐怖を描くフィクション。しかし本作では、初めてその呪いの基となっている実際にあった出来事に焦点を当て、「呪いの家」に関わる人々全てに連鎖する恐怖を生々しく浮かび上がらせ、シリーズの魅力はそのままに、新たな展開と恐怖が待ち構える。

Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」
今回到着した予告編では、全ての元凶である「呪いの家」が登場。不穏な音を捉えたカセットテープ、怪奇現象に襲われる男女、暗闇でうずくまり「逃げて」とささやく少年、そして女性が監禁されて妊娠させられたという凄惨な過去の事件など、様々な恐怖の場面が映し出される。


そして、登場人物全員が口にする「あの家」を調べ始める、荒川良々演じる心霊研究家・小田島と、夜中に部屋で響く不可解な足音に悩まされている、黒島結菜演じるタレントの本庄はるかは、「呪いの家」に引き寄せられていく…。恐ろしいシーンが連続する中、天井裏で恐怖に慄く小田島、血しぶきを浴びるはるかの姿も確認することができる。

また同時に到着した場面写真でも、恐怖に襲われる姿など不穏な雰囲気漂うシーンが切り取られている。

Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」
Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」は7月3日(金)Netflixにて全世界独占配信(全6話)。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top