水川あさみ、夫役の濱田岳に毒舌連発…『喜劇 愛妻物語』特報

足立紳監督が自身の赤裸々な夫婦生活を綴った同名小説を原作に、自らメガホンをとり映画化した『喜劇 愛妻物語』の公開日が決定。併せて、ティザービジュアルと特報映像が解禁となった。

映画 邦画ニュース
足立紳監督が自身の赤裸々な夫婦生活を綴った同名小説を原作に、自らメガホンをとり映画化した『喜劇 愛妻物語』の公開日が決定。併せて、ティザービジュアルと特報映像が解禁となった。

>>『喜劇 愛妻物語』あらすじ&キャストはこちらから

『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞に輝いた足立紳監督が、自身の夫婦生活を赤裸々に綴った自伝的小説を自ら監督・脚本を務めて映画化した本作。2020年度第22回ウディネ・ファーイースト映画祭では、コンペティション部門に正式出品されることが決定している。

今回、特報が2パターン公開された。特報Aは車中、特報Bは路上と2つの異なるシチュエーションで、それぞれ水川あさみ演じる妻・チカと濱田岳演じる夫・豪太による痛快な口喧嘩をほぼワンカットで見せる、斬新な映像に仕上がっている。

特報Aでは、取材旅行に向かった目的を早々に失い文句を言う豪太に対して、「黙れ。はらわたが煮えくり返ってんだよ、私は」「ただ旅行したかっただけだろうが、お前」と、速射砲のように夫に毒舌を浴びせるチカの姿が。


特報Bでも、「稼ぎもないくせに屁理屈ばっかこねて、食い意地だけ張りやがってこの雑魚が!」「もう一緒にいたくない、顔も見たくない、マジ死んでほしい」と、チカの毒舌は止まらない。そんな妻の罵詈雑言に対して、反論しながらも押され気味の豪太、そして両親の会話を全部聞いている新津さん演じる娘のアキの複雑そうな表情が垣間見える。


特報と併せて解禁されたティザービジュアルには、チカと豪太の怒り、哀しみ、喜び、笑いと様々な表情が切り取られている。「結婚10年目。倦怠期。セックスレス。笑えて、呆れて、呆れて、泣ける。愛憎渦巻く夫婦道。」というコピーが添えられ、水川さんと浜田さんが演じる夫婦劇に期待が高まる1枚に仕上がっている。

『喜劇 愛妻物語』(C)2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会
『喜劇 愛妻物語』は9月11日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top