【インタビュー】水川あさみが語る“夫婦観”、同業だから「1番褒められたい」

「飾らない女優」。水川あさみは、そんな言葉がよく似合う。『金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』でデビュー以来、十代のころから映画やドラマで活躍してきたベテランながら、等身大の“生きた演技”を披露し続ける人物だ。

最新ニュース インタビュー
水川あさみ『喜劇 愛妻物語』/photo:You Ishii
  • 水川あさみ『喜劇 愛妻物語』/photo:You Ishii
  • 水川あさみ『喜劇 愛妻物語』/photo:You Ishii
  • 水川あさみ『喜劇 愛妻物語』/photo:You Ishii
  • 水川あさみ『喜劇 愛妻物語』/photo:You Ishii
  • 水川あさみ『喜劇 愛妻物語』/photo:You Ishii
  • 水川あさみ『喜劇 愛妻物語』/photo:You Ishii
  • 水川あさみ『喜劇 愛妻物語』/photo:You Ishii
  • 水川あさみ『喜劇 愛妻物語』/photo:You Ishii
「飾らない女優」。水川あさみは、そんな言葉がよく似合う。『金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』でデビュー以来、十代のころから映画やドラマで活躍してきたベテランながら、等身大の“生きた演技”を披露し続ける人物だ。

看護師に占い師、雑誌編集者。ラブストーリーにホラー、サスペンス…。役柄もジャンルも、なんでもござれの水川さんが、新たに選んだ役どころは、なんと鬼嫁。うだつの上がらない夫に罵詈雑言を浴びせ、尻を叩き続ける妻を人間味たっぷりに演じた映画『喜劇 愛妻物語』が、9月11日に劇場公開を迎える。

『喜劇 愛妻物語』(C)2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会
『百円の恋』の脚本家・足立紳が、自伝的小説を自ら映画化した本作。濱田岳が、足立監督がモデルとなった主人公・豪太を演じ、水川さんがその妻のチカに扮した。年収50万円の売れない脚本家・豪太は、結婚して10年になる妻・チカとのセックスを望むも、連日拒否されてばかり。そんななか、久方ぶりに脚本の仕事が舞い込む。豪太はチカと娘のアキ(新津ちせ)を連れ、四国への取材旅行に繰り出すのだが…。

出会うべくして出会った「取り繕ったものじゃない面白い役」


水川あさみ『喜劇 愛妻物語』/photo:You Ishii
「『喜劇 愛妻物語』みたいな作品を、ずっとやりたかったんですよね」と語る水川さん。

「チカはある意味、自分自身もあけっぴろげにならないとできない役だったなと思うし、そういう役を求めていたところもありました。30代も後半に入ってきて、『カッコイイ』とか『キレイ』とか取り繕ったものじゃない面白い役をやりたいな、と思っていたときに、出会うべくして出会わせてくれた。すぐ『やります』って伝えましたね」。

確かに、常にキレ気味で眉にしわを寄せ、「あ?(怒)」と当たり散らす水川さんの姿は、非常に新鮮。そしてまた、口から飛び出すセリフも、衝撃的だ。

あの手この手でセックスに持ち込もうとする豪太に、チカがぶつける暴言の数々は、聞いているだけで吹き出してしまうレベル。予告編にも登場する「うぜー」「うるさい」「消えろ」は、ほんの序の口だ。その詳細は映画を観てのお楽しみだが、よくもまあこんなワードが飛び出してくるものだと驚嘆させられる。

『喜劇 愛妻物語』(C)2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会
水川さんは、「なかなか普段は使わない罵詈雑言でしたが、躊躇しないくらい、腹立たしかった」と笑う。

「(濱田)岳くんを前にすると、自然に出てきましたね(笑)。隣に監督もいますし、2人の顔を見ていると、チカの気持ち的には『うん、これはそうなるわ。こんなにだらしない夫と10年も一緒にいたら、仕方ない』という感じでした。演じているときは、暴言が滝のようにあふれてくるように見えればと思っていました」。

ちなみに、「映画の中のセリフは、ほとんどが台本通り」とのこと。足立監督の人生経験がにじみ出たワードの数々も面白ければ、10年連れ添った夫婦にしか見えない水川さんと濱田さんの空気感も、実に見事だ。

「実は、撮影中に岳くんと『次のシーンはこうしようね』っていう話は、一切しませんでした。話さなくてもできるというか、お互いを信頼しあっていたんですよね。むしろ作ろうとしなかったからこそ、自然な空気感が生まれたんだと思います。監督が『この人たちならできる』と思ってキャスティングしてくれたとしか思えない(笑)」。

水川あさみ『喜劇 愛妻物語』/photo:You Ishii
《text:SYO/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top