森崎ウィン×土村芳「本気のしるし」劇場版公開へ、カンヌ国際映画祭に選出

深田晃司監督が初めてコミック原作の映像化に挑んだドラマ「本気のしるし」が、第73回カンヌ国際映画祭の「Official Selection 2020」(オフィシャルセレクション 2020)作品に選ばれたことが分かった。

最新ニュース スクープ
『本気のしるし ≪劇場版≫』(C)星里もちる・小学館/メ~テレ
  • 『本気のしるし ≪劇場版≫』(C)星里もちる・小学館/メ~テレ
  • 森崎ウィン『キャッツ』日本語吹替版製作発表会
  • 土村芳
深田晃司監督が初めてコミック原作の映像化に挑んだドラマ「本気のしるし」が、第73回カンヌ国際映画祭の「Official Selection 2020」(オフィシャルセレクション 2020)作品に選ばれたことが分かった。

その女、出会ったことが事故だった。退屈な日常を過ごしていた会社員の辻一路はある夜、踏み切りで立ち往生していた葉山浮世の命を救う。そこから、不思議な雰囲気の女性・浮世と辻の泥沼の関係が始まった。辻は分別のない行動をとる浮世を放っておけず、浮世を追ってさらなる深みに嵌っていき、破滅への道を歩みだす…。

メ~テレほかローカル放送のドラマにも関わらず、多くの反響を呼んだ本作は、『レディ・プレイヤー1』でハリウッド・デビューを飾り、『蜜蜂と遠雷』では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した森崎ウィンが主演、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」『去年の冬、きみと別れ』の土村芳がヒロインを演じ、星里もちるの漫画をドラマ化。ほかにも、宇野祥平や石橋けい、福永朱梨、忍成修吾、北村有起哉らくせ者揃いのキャスティングとなっている。

森崎ウィン『キャッツ』日本語吹替版製作発表会森崎ウィン
本年のカンヌ国際映画祭は、実イベントの開催中止を決定。しかし、例年通りの審査基準を保ちながらも、昨今の情勢に合わせて新設された「Official Selection 2020」としてラインアップ作品を選出。選出された作品は「the Cannes 2020」のラベル付きで連携する各国映画祭での上映が計画されている。

また急遽、映画館での公開に向けて再編集した『本気のしるし≪劇場版≫』の劇場公開も決定した。

主演の森崎さんは「ドラマとしてスタートしたこの作品が劇場版として、こんな歴史ある映画祭に選ばれたことを誇りに思います。純粋に嬉しいです!ありがとうございます。これをモチベーションに日々精進して参ります」と選出への喜びを明かし、土村さんも「この作品に携わった全ての人の思いがカンヌへ届いた事、素晴らしいチームに、浮世に出会えた事、感謝の気持ちでいっぱいです。沢山の人達がこの物語と出会ってくれますように、、!」と願った。

深田監督もまた「ただただ驚いています。共感度0.1%と銘打たれた4時間に及ぶ物語の0.1%がフランスまで届いたのは、俳優・スタッフの尽力、まさに『本気のしるし』に他なりません」と心境を明かしている。

『本気のしるし ≪劇場版≫』は10月9日(金)よりUPLINK渋谷・吉祥寺・京都を中心に全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top