ジェームズ・ノートン、ソ連がひた隠しにした“偽りの繁栄”暴く…『赤い闇』日本版予告

ジェームズ・ノートンが独裁国家“ソ連”に潜入した実在の若きジャーナリストを熱演する『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』から日本版予告編が解禁。

映画 洋画ニュース
『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』 (C) FILM PRODUKCJA - PARKHURST - KINOROB - JONES BOY FILM -KRAKOW FESTIVAL OFFICE - STUDIO PRODUKCYJNE ORKA - KINO SWIAT - SILESIAFILM INSTITUTE IN KATOWICE
  • 『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』 (C) FILM PRODUKCJA - PARKHURST - KINOROB - JONES BOY FILM -KRAKOW FESTIVAL OFFICE - STUDIO PRODUKCYJNE ORKA - KINO SWIAT - SILESIAFILM INSTITUTE IN KATOWICE
  • 『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』 (C) FILM PRODUKCJA - PARKHURST - KINOROB - JONES BOY FILM -KRAKOW FESTIVAL OFFICE - STUDIO PRODUKCYJNE ORKA - KINO SWIAT - SILESIAFILM INSTITUTE IN KATOWICE
英国俳優ジェームズ・ノートンが秘密主義の独裁国家“ソ連”に潜入した実在の若きジャーナリストを熱演する、『太陽と月に背いて』『ソハの地下水道』の女性監督アグニェシュカ・ホランドの最新作『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』から日本版予告編が解禁された。

>>『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』あらすじ&キャストはこちらから

1933年、大戦間期のソビエト連邦。世界恐慌の中、ソ連の景気だけ絶好調という状況に、主人公で英国人記者のガレス・ジョーンズ(ジェームズ・ノートン)はその資金源が怪しいと疑いの目を向ける。ヒトラーに取材をした経験を元にスターリンにもインタビューを試みるも、モスクワに乗り込んだジョーンズの周りでは不可解な事件が次々と起きる。

そしてニューヨーク・タイムズのモスクワ支局に勤める女性記者・エイダ(ヴァネッサ・カービー)に、「謎はウクライナに」と告げられるのだった。すぐさま汽車に乗り込み、肥沃な土地と伝えられていたウクライナに向かったジョーンズが目の当たりにしたのは、食料を奪い合い、狂うほどに餓えた冷たい大地の人々。当局から逃れて行き場を失ったジョーンズはようやくスープにありついたが、隣でそれを口にした少女の咀嚼音が耳に響く。その意味するものとは…。


権力に屈するか、真実を世に伝えるか。ジャーナリストの激しい葛藤と衝突の中、果たしてジョーンズは自身の目で見た真実=ソ連の繁栄の裏に隠された闇を世に知らしめることができるのか。戦慄の実話を捉えた映像に注目だ。

『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』は8月14日(金)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top