『赤い闇』監督、最初は乗り気ではなかった!? 脚本との出会い明かす

ソビエト連邦がひた隠しにした歴史の闇を照らし出す衝撃作『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』が、明日8月14日(金)より公開。この度、本作の監督アグニェシュカ・ホランドが作品の出会いをふり返るコメントがメイキング写真とともに到着した。

映画 洋画ニュース
『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』(C) FILM PRODUKCJA - PARKHURST - KINOROB - JONES BOY FILM - KRAKOW FESTIVAL OFFICE - STUDIO PRODUKCYJNE ORKA -KINO SWIAT - SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE
  • 『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』(C) FILM PRODUKCJA - PARKHURST - KINOROB - JONES BOY FILM - KRAKOW FESTIVAL OFFICE - STUDIO PRODUKCYJNE ORKA -KINO SWIAT - SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE
  • 『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』(C) FILM PRODUKCJA - PARKHURST - KINOROB - JONES BOY FILM - KRAKOW FESTIVAL OFFICE - STUDIO PRODUKCYJNE ORKA -KINO SWIAT - SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE
  • 『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』(C) FILM PRODUKCJA - PARKHURST - KINOROB - JONES BOY FILM - KRAKOW FESTIVAL OFFICE - STUDIO PRODUKCYJNE ORKA -KINO SWIAT - SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE
  • Photo by Jacek Poremba
ソビエト連邦がひた隠しにした歴史の闇を照らし出す衝撃作『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』が、明日8月14日(金)より公開。この度、本作の監督アグニェシュカ・ホランドが作品の出会いをふり返るコメントがメイキング写真とともに到着した。

>>『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』あらすじ&キャストはこちらから

イギリスの俳優ジェームズ・ノートンが、若き英国人記者役で主演を務める本作は、スターリン体制下のソ連という大国に、命がけで立ち向かったあるジャーナリストの実話を描いた物語。

そして本作の監督を務めたのは、『僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ』『太陽と月に背いて』『ソハの地下水道』などを手掛け、米アカデミー賞ノミネート経験もあるホランド監督。

Photo by Jacek Poremba
本作の脚本担当アンドレア・チャルーパは、ホランド監督の歴史的な映画や政治的発言を鑑み、映画化の話を持ち掛けたという。普段から歴史上の惨状を題材にした脚本が多く届き、チャルーパの執筆した本作もその多くの中のひとつ。

ホランド監督は「重要性は評価しますが、あまり気乗りしないものがほとんどです。忠実に再現するのは気が重いし、そういう脚本のほとんどがとても浅薄なのです」と言い、今回も当初は気乗りしなかったという。

「読み始める前は途中でやめてしまうだろうと思った」と語る監督だが、「ストーリーと登場人物、そしてジョージ・オーウェルの『動物農場』と結びつくコンセプトに惹きつけられました」と映画化へのきっかけを明かす。

『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』(C) FILM PRODUKCJA - PARKHURST - KINOROB - JONES BOY FILM - KRAKOW FESTIVAL OFFICE - STUDIO PRODUKCYJNE ORKA -KINO SWIAT - SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE
またホランド監督は、実話ものや歴史大作にありがちな堅苦しさを避け、あらゆるシーンに観客が“共感”できる人間味を出すようにしたのだという。「撮影監督のトマシュ・ナウミュクとともに、作品に独自のエネルギーを持たせたいと思っていました。トマシュは若く、とてもオープンでクリエイティブです。私は『こういうふうにやって』とは言いません。制作側・役者、皆で協力しあいながらクリエイティブでいられる環境づくりを意識した」と現場の様子を話した。

一方で撮影監督のトマシュ・ナウミュクは「とても知的かつ感性が豊かで、ビジネスで映画を作っているという感覚がない。だからアグニェシュカの前では決して手を抜けないんだ。彼女は映画における技術や質などを知り尽くしている。常に最高のシーンのために闘わなくてはならないし、妥協は許されないんだ」とホランド監督について語っている。

『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』(C) FILM PRODUKCJA - PARKHURST - KINOROB - JONES BOY FILM - KRAKOW FESTIVAL OFFICE - STUDIO PRODUKCYJNE ORKA -KINO SWIAT - SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE
さらに、ロンドンのシーンを撮影する際にはローアングルの照明を多用したり、モスクワでは照明を上から当てるといった工夫をしたり、ウクライナの場面では質素な雰囲気を出すために、ツァイス製の古いタイプのレンズを使ったという撮影の裏側を明かしている。

『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』は8月14日(金)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top