ABEMAが有料オンラインライブ機能スタート、CGやARを活用

話題作「M 愛すべき人がいて」などを配信中の「ABEMA」が、6月中旬頃より有料オンラインライブ「PayPerView」(ペイパービュー)機能をリリースすることが分かった。

最新ニュース スクープ
ABEMA (C)AbemaTV,Inc.
  • ABEMA (C)AbemaTV,Inc.
  • 「PayPerView」(ペイパービュー)機能(C)AbemaTV,Inc.
  • 「PayPerView」(ペイパービュー)機能(C)AbemaTV,Inc.
  • 「PayPerView」(ペイパービュー)機能(C)AbemaTV,Inc.
話題作「M 愛すべき人がいて」などを配信中の「ABEMA」が、6月中旬頃より有料オンラインライブ「PayPerView」(ペイパービュー)機能をリリースすることが分かった。

現在、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けてライブや演劇など多くの興行が中止や延期を余儀なくされている中、無観客ライブの流れが加速。このような背景を受け、今回新たな機能を開始することに。アーティストライブやイベント、舞台などエンターテインメント産業における高品質なオンラインライブを提供していく。


今回の機能では、「ABEMA」で配信される有料オンラインライブを1コンテンツごとに購入し視聴できるというもので、3DCG動画広告制作会社の株式会社「CyberHuman Productions」と連携し、リアルタイムに人物と3DCG空間を合成して撮影ができるバーチャル撮影システムを活用することで、多様なCGや3D空間、ARを用いたライブ会場とはまた違った臨場感のある視聴体験を提供する。


また、ライブ中に出演者へスタンプを送ることができる「応援機能」、「コメント機能」など演者との双方向なコミュニケーションの実現、オンラインライブに合わせたグッズの販売、様々なアングルからライブを視聴できる「マルチアングルライブ」機能(今夏リリース予定)、「投票機能」(今夏リリース予定)なども導入予定。


なお、ベーシック会員・プレミアム会員に関わらず、同機能にてコンテンツを購入すれば誰でも視聴できる。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top