ドイツ震撼『コリーニ事件』凶器から結末を推理したくなる本編映像公開

『コリーニ事件』で使用された“凶器”に秘密が隠されていることが分かる本編映像が到着。

映画 洋画ニュース
『コリーニ事件』 (C)2019 Constantin Film Produktion GmbH
  • 『コリーニ事件』 (C)2019 Constantin Film Produktion GmbH
  • 『コリーニ事件』 (C)2019 Constantin Film Produktion GmbH
  • 『コリーニ事件』 (C)2019 Constantin Film Produktion GmbH
  • 『コリーニ事件』 (C)2019 Constantin Film Produktion GmbH
  • 『コリーニ事件』 (C)2019 Constantin Film Produktion GmbH
  • 『コリーニ事件』 (C)2019 Constantin Film Produktion GmbH
  • 『コリーニ事件』 (C)2019 Constantin Film Produktion GmbH
新米弁護士が戦後ドイツの“不都合な真実”に直面していく『コリーニ事件』。今回、本作の事件で使用された“凶器”に秘密が隠されていることが分かる本編映像が到着した。

>>『コリーニ事件』あらすじ&キャストはこちらから

経済界の大物実業家を殺害したイタリア人労働者のコリーニ(フランコ・ネロ)。ベルリンにある高級ホテルのスイートルームで、被害者の頭に3発もの銃弾を撃ち込んで殺害したとみられる事件。被害者とコリーニに接点はなく、彼が事件について口を堅くつぐんでいるので動機も不明。このままでは死刑廃止国であるドイツでは、最高刑にあたる終身刑を科されることになる。

『コリーニ事件』 (C)2019 Constantin Film Produktion GmbH
そんなコリーニを助けようと、新米弁護士のライネン(エリアス・ムバレク)は奮闘するが、弁護側には証拠もなく裁判はうまく進んでいない。そんな最中、コリーニが殺害に使用した凶器がワルサーP38という古い銃であることが判明する。なぜ、コリーニは入手困難で扱いも難しい銃をわざわざ選んだのか? 凶器に違和感を感じ、殺人につながる糸口をつかんだ様子のライネンは――?


今回到着した本編映像に登場する凶器、ワルサーP38とは、第二次世界大戦中にドイツ軍によって広く使用された古い銃。映像で専門家の女性が言うように、現代では簡単に手に入れられない代物となっている。ワルサーP38といえば、モンキー・パンチ原作の「ルパン三世」でルパンが愛用する銃として知られる。

第二次世界大戦、ドイツ軍で愛用されたというワードが出てくれば、おのずと答えが出てくるはず。コリーニはそのころのドイツとどのような関係があるのか? そして、そこから明らかになるドイツ中を震撼させた法律の落とし穴とは…?

『コリーニ事件』 (C)2019 Constantin Film Produktion GmbH
『コリーニ事件』は6月12日(金)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top