ワーナー、『マトリックス4』『ワンダーウーマン1984』『TENET』の公開延期を発表

“新型コロナウイルス後”に公開される映画として、おそらく最も期待の高い作品の1つであるクリストファー・ノーラン監督作『TENET テネット』の全米公開日が、2週間延期された。

最新ニュース ゴシップ
『ワンダーウーマン 1984』(c) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics
  • 『ワンダーウーマン 1984』(c) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics
  • パティ・ジェンキンス監督&ガル・ガドット-(C)Getty Images
  • クリストファー・ノーラン - (C) Getty Images
“新型コロナウイルス後”に公開される映画として、おそらく最も期待値の高い作品の1つであるクリストファー・ノーラン監督作『TENET テネット』の全米公開日が、2週間延期された。

全米の映画館が営業再開しているであろうというタイミングを狙い、7月17日から7月31日になったという。ワーナー・ブラザースが発表した。同社は『ワンダーウーマン 1984』の公開日の延期も発表。当初は6月8日だったが新型コロナウイルスの影響で8月14日に延期、そしてこのたびさらに10月2日に先送りになった。

1作目から20年以上の時を経て4作目を製作中の『マトリックス』の公開日は、2021年5月21日から2022年4月1日へとほぼ1年延期に。中断されていたベルリンでの撮影が、7月からやっと再開されるという。

『マトリックス4』の当初の公開日には、小栗旬がハリウッドデビューを飾る『ゴジラ vs コング』が穴を埋める。この作品も本来は今年3月13日に公開予定であったが、パンデミックにより11月20日に延期に。今回、さらに半年間先延ばしとなった。

ワーナーは『トムとジェリー』の最新映画も12月23日から来年3月5日に延期することを発表している。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top