『ワイルド・ローズ』ジェシー・バックリー、「涙が出てきて座り込んじゃった」瞬間とは?

『ジュディ 虹の彼方に』の新進気鋭ジェシー・バックリーが歌声を披露し、賞レースを席巻した『ワイルド・ローズ』から、主人公ローズを演じたジェシーのインタビュー映像がシネマカフェに到着。

映画 洋画ニュース
『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C)Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C)Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
『ジュディ 虹の彼方に』でも好演を見せた新進気鋭の女優ジェシー・バックリーが歌声を披露し、賞レースを席巻した『ワイルド・ローズ』。この度、2人の子どもを持つシングルマザーでカントリー・ミュージシャンとしての成功を夢見るローズを演じたジェシーのインタビュー映像がシネマカフェに到着した。

>>『ワイルド・ローズ』あらすじ&キャストはこちらから

夢と家族の狭間で葛藤するローズを演じたジェシーは、本作について「何かを夢見ることがあってもチャンスがなかったり、その夢を掴む勇気がなかったりします。だけどローズは、その勇気と強い意志で自分の夢を叶えて、子供たちに人生は変えられるということを教えてあげるんです」と、逆境から羽ばたく物語であると説明。

続けて「ローズは、人間的な弱さを携えた活き活きした役です。女性っていつも完璧を求められるのだけれどローズは決して完璧な訳ではなくすごく人間的でした。私と似てます」と、大きな笑顔で自身との共通点を明かす。


また、本作のプロデューサーを務めるのは『未来を花束にして』や「ザ・クラウン」などを手掛けてきたフェイ・ワード。「彼女はこれまでにも強い女性が主人公の物語を描いてきています。そういった映画を作るにはフェイのような想いと愛が必要です。女性にとって彼女は最も強い味方ですね」と述べ、夢に向かって強く生きるローズの物語である本作には、フェイ・ワードがまさにぴったりのプロデューサーであったと賞賛を贈る。

『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
さらに、劇中の多くのカントリー・ミュージックをジェシー自らが歌いあげることで話題の本作。「レコーディングに挑むとき、ローズに人生を思い浮かべて、なぜ歌うのか? なぜこの曲を歌う必要があるのか? 歌うことでどんな感情になるのか? と常に考えていました」と語り、歌唱シーンでは女優でもあり、シンガーでもあるバックリーだからこその表現の豊かさを堪能できる。

「アビーロードスタジオでレコーディングした時、歴史あるスタジオで豪華なミュージシャンたちとレコーディングするなんて、なんて凄い経験をさせてもらってるんだろうと思ったら、涙が出てきて座り込んじゃった」と、ビートルズをはじめ偉大なミュージシャンたちが録音を行ったスタジオで、ネイル・マッコール 、アリー・ベイン、フィル・カニンガムといった世界的な音楽家とともに仕事ができた喜びをふり返る。

『ワイルド・ローズ』 (C)Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
特に注目を集める主題歌「GLASGOW」について話が及ぶと、「撮影の2か月前にこの曲が届いた瞬間に、『これだ!』という感じでした。それまでにも色々な曲を聞いたりもしたのですが、この曲は映画の要素をうまく捉えていました」と語り、「まるで短編映画のように感じた」と、まさに劇中のローズの生き方を表した、クライマックスに相応しい楽曲となったことを明かしている。

『ワイルド・ローズ』は6月26日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top