“カントリーガール”ジェシー・バックリーの再出発『ワイルド・ローズ』冒頭映像

『ワイルド・ローズ』から、刑務所を出所し、音楽で人生をやり直そうとする主人公を捉えた冒頭映像が解禁。

映画 洋画ニュース
『ワイルド・ローズ』冒頭 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』冒頭 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
  • 『ワイルド・ローズ』 (C)Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
『ジュディ 虹の彼方に』で好演を見せ、『ドクター・ドリトル』にも出演するジェシー・バックリー主演『ワイルド・ローズ』が6月26日(金)より全国にて公開。この度、刑務所を出所し、音楽で人生をやり直そうとする主人公を捉えた冒頭映像が解禁となった。

>>『ワイルド・ローズ』あらすじ&キャストはこちらから

カントリー歌手としての成功を夢見るシングルマザーのローズは、軽犯罪で刑務所に収監されていたが、いよいよ出所の日を迎える。部屋の壁には“カントリー・ミュージックの聖地”ナッシュビルの地図、音楽を聴きながらこの日を待ちわびていたローズ。

「これでカントリーを聞かずに済む」と言う看守や「あんたが次のドリー・パートンだ!」とカントリー界のベテランシンガーの名を挙げて激励を送る刑務所仲間たちに別れを告げ、ヘッドホンをしてバスに乗り込み、家族と暮らすグラスゴーを目指すローズ。入所中も片時も音楽のことを忘れず、ナッシュビルに憧れを抱いていたローズが、これからどのような音楽を紡ぐのか期待が高まる冒頭映像となっている。


その映像中に流れるのは、グラスゴー出身のバンドである「プライマル・スクリーム」の「Country Girl」を主演のジェシーが歌いあげたバージョン。もとはロックテイストの楽曲が、軽快なカントリー・ミュージックとして見事に昇華され、彼女のキャラクターを象徴。

「盗みをしたし罪も犯した この魂は汚れてる それでも生きていかなきゃ」という歌詞が、刑務所を出所し再出発を図るローズの気持ちとリンクし、より物語に臨場感を与える。

『ワイルド・ローズ』 (C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
プロデューサーのフェイ・ワードは「映画はバックリーの『Country Girl』から始まります。グラスゴーのバンドで、私達をローズの世界へ正しく誘います。とてもローズらし生々しさがあります」と、映画の始まりにピッタリなこの楽曲に太鼓判を押す。

賞レースを席巻した主題歌「GLASGOW」のほかにも、劇中に散りばめられたローズの力強く美しい楽曲に注目だ。

『ワイルド・ローズ』は6月26日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top