【ディズニー】入園チケットは三種類、ファストパスは当面休止…再開するパークを満喫するための注意点は?

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが7月1日(水)から営業を再開することが決まり大きな話題となっているが、臨時休園以前のかつての運営スタイルではなく、様々な変更点が発生している。

最新ニュース スクープ
新しいルールで営業を再開する東京ディズニーリゾート (C) Disney
  • 新しいルールで営業を再開する東京ディズニーリゾート (C) Disney
  • 新しいルールで営業を再開する東京ディズニーリゾート (C) Disney
  • 新しいルールで営業を再開する東京ディズニーリゾート (C) Disney
  • 新しいルールで営業を再開する東京ディズニーリゾート (C) Disney
  • 新しいルールで営業を再開する東京ディズニーリゾート (C) Disney
  • 新しいルールで営業を再開する東京ディズニーリゾート (C) Disney
  • 新しいルールで営業を再開する東京ディズニーリゾート (C) Disney
  • 新しいルールで営業を再開する東京ディズニーリゾート (C) Disney
東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが7月1日(水)から営業を再開することが決まり大きな話題となっているが、臨時休園以前のかつての運営スタイルではなく、様々な変更点が発生している。そこでパークに行く前に留意しておきたいポイントを整理してみたい。

運営時間は午前8時~午後8時の12時間~変わるパーク運営概要



両パークは「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に沿った対策を講じることに加え、行政機関からの指導の下、ゲストとキャストの健康と安全の確保を最優先に運営することを目的に2020年7月1日(水)~当面の間、営業時間を午前8時~午後8時に変更する。

両パークのアトラクション、エンターテイメント、ショップ、レストランは、利用人数を制限しながらの運営または休止となり、いくつかの情報については下段にて後述する。

また、すべての前提として「下記事項に該当する方のご来園はご遠慮ください」と、東京ディズニーリゾートはアナウンス。

・新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触がある方
・同居家族や身近な知人に感染が疑われる場合がある方
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航ならびに当該在住者との濃厚接触がある方
※感染時に重篤化する可能性の高い高齢者や持病のある方は、来園について慎重な検討をお願いいたします

来園ゲストへのお願い事項



来園するゲストは感染症防止の観点から、様々な協力をする。まずは入園時に検温を実施して、37.5度以上の発熱や風邪症状などの不調がある場合は入園を遠慮する必要がある。

パーク内では常時マスクの着用が必要となるが、これは熱中症対策のため、夏期の気温・湿度が高い時期において、屋外で人と十分な距離が保たれている場合は、外してもOK。

各施設のキューライン、座席、レストランのテーブル、ベンチなどは、必要な距離を保つために目印を設置してあり、ゲスト同士のソーシャルディスタンスの確保も必要。そして消毒液をエントランスのほか、レストルーム、ショップ、レストランなどに設置してあるので、手指消毒およびこまめな手洗いを推奨。

そのほかクレジットカードや電子決済などキャッシュレスでの支払いを推奨するほか、入園後に体調不良となった場合、症状によっては退園する必要もある。

入園チケットは三種類販売、それぞれ入園可能な時間帯が異なる



チケットは、6月25日(木)午後3時より、東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトで販売を開始するが、<当面の間は、あらかじめオンラインにて日付指定のある下記のチケットをご購入いただいた方のみ、ご入園いただけます>とのことで、エントランス周辺でのソーシャルディスタンスを確保するために、入園可能な時間が異なる3種類の下記チケットが新たに登場する。

・1デーパスポート
・入園時間指定パスポート(午前11時~)
・入園時間指定パスポート(午後2時~)

それぞれ大人・中人・小人で値段は異なる。約1か月先までの日付指定チケットが購入可能で、1度に購入可能なチケットは5枚まで。決済手段はクレジットカードのみとなり、従前のオープン券、年間パスポート、再来園パスポートなど、上記以外のチケットはすべて、入園不可となる。

ただし年パス保持者には、いくつかの施策を導入予定



有効期限が2020年2月29日(土)以降の年間パスポートを持っているゲストにはついては、下記の対応を予定している。

・有効期限の延長もしくは払い戻し
・グッズのオンライン購入と抽選によるご入園

パークに入園しなくても東京ディズニーリゾート・アプリのオンライングッズ販売を利用可能になるように準備しているほか、年間パスポートで入園不可の期間については、抽選で入園可能なシステムを導入するそう。詳細については、<準備が整い次第、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトにてお知らせいたします>とのこと。

アトラクション/キャラクターグリーティング施設



アトラクション施設に入る際は、マスク着用が必須になることと、原則、グループごとに間隔を空ける。出口に設置してある消毒液で手指消毒を行うなど、衛生対策を徹底する。シングルライダーの運営、ディズニー・ファストパスが当面休止になるので、利用はスタンバイのみになる。

キャラクターグリーティングについては「ミッキーの家とミート・ミッキー」などが当面の間、休止になるほか、施設外でも<ふれあいを伴うキャラクターグリーティングは、当面休止>する。ソーシャルディスタンスを確保した上で、キャラクターがゲストにあいさつをする予定だ。

エンターテイメント~大型のパレード、ショー、花火が休止に



東京ディズニーランドを例に取ると、「ドリーミング・アップ!」「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」「ナイトフォール・グロウ」などのパレードが休止になるほか、「レッツ・パーティグラ!」「ジャンボリミッキー!」などの屋外のショー、「ミッキーのレインボー・ルアウ」などのような屋内での食事とショーも休止に。「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」という花火も休止になる。

ショップ&レストランは、営業店舗を削減



ショップ&レストランでは、利用人数の制限を実施や徹底した衛生対策などのほか、メニューブックの代わりに自分のスマートフォンでメニューを確認可能な二次元コードを用意するという。また、ショーダイニングでのエンターテイメントプログラムは当面の間休止する。

ソーシャルディスタンスを確保するための積極的な声かけなどはもちろん、健康と安全のための対策を徹底、慎重に運営をするという。今後の状況によってさらなる変更点も出る可能性もあるので、最新情報は公式サイトを確認のこと。

※取材時の状況に基づいて記事化しています。紹介したイベント、メニューなど、すべての掲載情報は、予告なく変更になる場合があります。

(C) Disney
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top