溢れるファン心に共感必至!“聖地巡礼”シーン入手『カセットテープ・ダイアリーズ』

青春音楽映画『カセットテープ・ダイアリーズ』から、憧れのブルース・スプリングスティーンへの愛が溢れる聖地巡礼の本編シーンが到着。

映画 洋画ニュース
『カセットテープ・ダイアリーズ』(C)BIF Bruce Limited 2019
  • 『カセットテープ・ダイアリーズ』(C)BIF Bruce Limited 2019
  • 『カセットテープ・ダイアリーズ』(C)BIF Bruce Limited 2019
  • 『カセットテープ・ダイアリーズ』(C)BIF Bruce Limited 2019
  • 『カセットテープ・ダイアリーズ』(C)BIF Bruce Limited 2019
  • 『カセットテープ・ダイアリーズ』(C)BIF Bruce Limited 2019
  • 『カセットテープ・ダイアリーズ』(C)BIF Bruce Limited 2019
  • 『カセットテープ・ダイアリーズ』(C)BIF Bruce Limited 2019
  • 『カセットテープ・ダイアリーズ』ポスター(C)BIF Bruce Limited 2019
音楽との出会いで人生が変わった少年の成長を描く『カセットテープ・ダイアリーズ』。この度、憧れのブルース・スプリングスティーンへの愛が溢れる聖地巡礼の本編シーンが到着した。

>>『カセットテープ・ダイアリーズ』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、英国ガーディアン紙で定評のあるジャーナリスト、サルフラズ・マンズールの回顧録「Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’ Roll」(原題)を基に、『ベッカムに恋して』のグリンダ・チャーダ監督が映画化した青春音楽ドラマ。

『カセットテープ・ダイアリーズ』(C)BIF Bruce Limited 2019
20のグラミー賞に加え、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、トニー賞を受賞、1999年にはポール・マッカートニーやビリー・ジョエルらと共にロックの殿堂入りを果たし、ファンから“ボス”と親しまれるスプリングスティーンの楽曲が存分に使用されている。

今回到着した本編映像は、“ボス”の地元である“聖地”、アメリカ・ニュージャージー州のアズベリーパークに思いを馳せていた主人公ジャベドが、友人ルーブスと共にイギリスの小さな町ルートンから聖地巡礼の旅へと繰り出したシーン。

『カセットテープ・ダイアリーズ』(C)BIF Bruce Limited 2019
ジャベドの書いた論文を読み、彼の才能を信じたクレイ先生が出した論文大会で見事入賞。その副賞でアズベリーパークにほど近いモンマス大学のセミナーに行けることになったジャベド。父親の反対という大きな壁に一度は諦めていたジャベドだが、初めて自身の声を上げ、自分の道を切り開く行動に出る。


ジャベドを鼓舞するスプリングスティーンの「BLINDED BY THE LIGHT」の曲に乗せて、敬愛するボスの足跡を辿る聖地巡礼を堪能してみて。

『カセットテープ・ダイアリーズ』はTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top