間宮祥太朗“沢口”の今後と市川実日子“多佳子”の過去に注目…「BG~身辺警護人~」5話

木村拓哉主演、丸腰の状態で“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護る民間ボディーガードの姿を描いた「BG~身辺警護人~」の5話が7月16日放送。間宮祥太朗演じる沢口の“今後”と、市川実日子演じる多佳子の“秘密”に多くの反応が集まっている。

最新ニュース スクープ
「BG~身辺警護人~」第5話 (C) テレビ朝日
  • 「BG~身辺警護人~」第5話 (C) テレビ朝日
  • 「BG~身辺警護人~」
木村拓哉主演、丸腰の状態で“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護る民間ボディーガードの姿を描いた「BG~身辺警護人~」の5話が7月16日放送。間宮祥太朗演じる沢口の“今後”と、市川実日子演じる多佳子の“秘密”に多くの反応が集まっている。

木村さん演じる島崎章が、勤務していた日ノ出警備保障に身辺警護課が新設され“BG”に復帰。高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮さん)らと共に活躍する姿を描いた前シーズンから約2年。本シーズンでは日ノ出警備保障が外資系企業に買収され「KICKSガード」に社名変更。章は買収元の経営者・劉光明(仲村トオル)の裏の顔を知り、会社を辞め独立。そんな章を追って高梨も「KICKSガード」を退社する。

大手が引き受けない難易度の高い案件を受ける2人だが、劉は章らを潰そうと裏で画策、1話で沢口に刃を向けた男が章の周囲に現れるように。前回のラストでついに男は章の自宅にまで迫る…というのがこれまでの展開。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
注目の5話は、劉の第一秘書・岩田一也(三宅弘城)の下で働いている角田凪子(成海璃子)が、夜道で引ったくりにスマホを盗まれケガを負う。実は凪子は沢口の恋人で、連絡を受けた沢口は章の口利きで笠松(市川実日子)に緊急処置を頼む。幸い凪子は軽症だったが診察中、凪子が防犯ブザーを複数所持していることが発覚。凪子によると、少し前からストーカーに狙われていて、相手が誰か分からず沢口に心配をかけまいと黙っていたという。

凪子の身が心配でならない沢口は、島崎と高梨に身辺警護を依頼するのだが、捕らえた不審者は「KICKガード」で上司だった小俣健三(勝村政信)。だが小俣はストーカーではなく、凪子をストーカーしていたのは岩田だった。だが岩田の真の目的は凪子のスマホのなかにある劉と桑田議員(小木茂光)の癒着の証拠だった…というストーリー。

凪子は会社を辞め新たな道を歩むことになり、沢口とも距離を置く。そして1話で自らが襲われた事件も劉の差し金だったことを知った沢口は「KICKSガード」を辞める決意をする…「沢口さんも複雑な心境ですね…」「沢口どうなるんや」など、沢口の今後を心配する声とともに「間宮祥太朗さんが一つのエピソードの中で様々な感情を表現し、周りに翻弄される若きボディガードを見事に演じていた」など、間宮さんの演技に注目したツイートも。

終盤で多佳子(市川さん)には以前警察官の夫がおり、新婚3か月で亡くなっていたことも明かされた。そこに1話で沢口を襲ったボーイが現れる。その顔に多佳子も見覚えがある様子で…「笠松先生の亡くなった旦那さんと、あのロン毛が何か繋がってんのかな。」「あの長髪が彼女の夫の死にも関係してそう」などの声も上がっている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top