石原さとみ&田中圭に賞賛、成田凌の“友情”に声援続々…「アンサング・シンデレラ」1話

石原さとみ主演「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」が7月16日から放送開始。主演の石原さん、共演の田中圭の演技に対する賞賛と、同期の友である清原翔のために代役を引き受けた成田凌への声援の声が続々と寄せられている。

最新ニュース スクープ
「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第1話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第1話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第1話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第1話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第1話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第1話 (C) フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第1話 (C) フジテレビ
石原さとみ主演「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」が7月16日から放送開始。主演の石原さん、共演の田中圭の演技に対する賞賛と、同期の友である清原翔のために代役を引き受けた成田凌への声援が続々と寄せられている。

医薬品全般に対する豊富な知識を生かし、医師の処方箋に基づく調剤や服薬指導、医薬品の管理・販売を行う、患者にとって“最後の砦”ともいえる薬剤師。そのなかでも病院内の薬剤部で主に患者の薬の調剤、製剤を行う“病院薬剤師”たちの知られざる舞台裏を描いていく本作。

萬津総合病院薬剤部で働くキャリア8年目の薬剤師で、1人でも多くの患者を救いたいと思うあまりついつい患者に深入りすることもあるが、患者一人一人と真摯に向き合っていこうとする主人公・葵みどりに石原さん。

みどりと同じ薬剤部で働く新人の病院薬剤師で、消極的な理由で薬剤師の道を選んだ相原くるみに西野七瀬。


薬剤部副部長でぶっきらぼうだが、実は誰よりも患者思いな瀬野章吾に田中さん。みどりが病院薬剤師であることになぜか興味を示す謎の青年・小野塚綾に成田さん。

調剤のプロ中のプロで作業効率を重んじ、無駄話もせず、淡々と仕事を進めるタイプの刈谷奈緒子に桜井ユキ。薬剤部のムードメーカーでもある羽倉龍之介に井之脇海。監査を担当する工藤虹子に金澤美穂。薬剤部部長の販田聡子に真矢ミキ、薬剤部副部長の七尾拓に池田鉄洋といったキャストが出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
1話ではみどりが医師の処方箋に疑問を抱き、処方箋を出した医師に問い合わせるのだが、これがきっかけでみどりは医療安全委員会にかけられ解雇の危機に陥る…というストーリーを軸に、薬剤師の仕事ぶりなどを織り交ぜつつ、みどりが患者に向き合う姿が描かれた。


1話を見た視聴者からは「医療ドラマは色々あれど、薬剤師が主人公って珍しい」「医者と薬剤師の関係が新しい視点で観られるドラマ」など、薬剤師をテーマにした本作に注目するコメントが。


また「この人は、ほんと天才。日の光浴びづらい職業テーマにしたドラマを、よく観せてもらってきたけど、すごくぐっと来る」「低いトーンの石原さとみの演技も好き」「見てて気持ちいい演技するから視聴者グッと引き込んじゃう」と主演の石原さんの演技を賞賛する反応も多数。


瀬野役の田中さんにも「ちょっとの笑顔にやられた 一瞬に働いてたらいつか絶対好きになる」「普段はクールなのに笑うときゅんてするし、かっこいい」「要所要所に現れてめちゃくちゃかっこいい」といった声が寄せられる。


そして清原さんの代役として小野塚役を演じた成田さんには「清原くんの代役を自ら志願したと聞きました。彼の分も応援してます」と、その“想い”に感銘を受けた視聴者からの声援も集まっている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top