永瀬廉がママチャリで秋葉原を疾走、「ヒメヒメソング」も披露『弱ペダ』

実写映画『弱虫ペダル』より永瀬さん演じる小野田坂道が、ママチャリで秋葉原を疾走する場面写真が公開された。

映画 邦画ニュース
『弱虫ペダル』(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008
  • 『弱虫ペダル』(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008
  • 『弱虫ペダル』(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008
累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画を、「King & Prince」永瀬廉主演で実写映画化する『弱虫ペダル』。この度、永瀬さん演じる小野田坂道が、ママチャリで秋葉原を疾走する場面写真が公開された。

>>『弱虫ペダル』あらすじ&キャストはこちらから

あることをきっかけに、自転車競技部に入部することになる本作の主人公・坂道は、運動が苦手で友達がいないアニメ好きの高校生。週に一度は秋葉原に通うという坂道だが、お小遣いを節約するため、地元・千葉から秋葉原まで片道45kmの道のりをママチャリで移動する。今回到着した場面写真は、そんな様子を写したもの。

往復90kmという驚異の距離だが、小学4年生のときから通っている坂道にとってはいつもの道。どんなにきつい坂や山道でも、鼻歌を歌いながら難なく走ってしまうのだ。

また劇中では、映画オリジナル版の「ヒメヒメソング」も披露。「ヒーメ、ヒメヒメ♪ラブリーチャンスペタンコチャン♪」と軽快に歌うこのシーンについて永瀬さんは「『ヒメヒメ♪』と歌うシーンが何回もありましたが、一般の通行人の方たちの前でも大声で歌いながら自転車で走るのは、本当に恥ずかしかったです」とふり返りながらも、「思いっきり大声で歌っているうちに、気が付いたら自然とテンションが上がっていました」と語っている。

『弱虫ペダル』は8月14日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top