“坂道”永瀬廉がママチャリで登場、伊藤健太郎&橋本環奈らとイベント実施

実写映画『弱虫ペダル』の公開に先駆けて、昨日7月14日、永瀬廉(「King & Prince」)、伊藤健太郎、橋本環奈、竜星涼らキャストが登壇するキックオフイベントが行われた。

最新ニュース レポート
『弱虫ペダル』キックオフイベント(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008
  • 『弱虫ペダル』キックオフイベント(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008
  • 『弱虫ペダル』キックオフイベント(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008
  • 『弱虫ペダル』キックオフイベント(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008
実写映画『弱虫ペダル』の公開に先駆けて、昨日7月14日、永瀬廉(「King & Prince」)、伊藤健太郎、橋本環奈、竜星涼らキャストが登壇するキックオフイベントが行われた。

>>『弱虫ペダル』あらすじ&キャストはこちらから

『弱虫ペダル』は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道が、あることをきっかけに自転車競技部に入部することになり、そこで出会ったかけがえのない仲間たちのためにレースでの勝利を目指す青春ストーリー。

イベントでは、そんな坂道役の永瀬さんが、劇中で使用していたママチャリに乗って颯爽と登場し「坂道に戻った気分になりました」と、久々の愛車との再会を喜んだ。

チーム総北再集結となった本イベント。自転車競技初挑戦について永瀬さんは「やるしかないと思いました。暑かったり、寒かったり、雨が降る中だったりとさまざまな状況での撮影は過酷でしたが、みなさんの協力で作品が完成して今は安心感があります」とふり返り、一年生エース・今泉役の伊藤さんも「体力というよりも気持ちでどれだけ行けるかという状況でした。苦しい表情もあると思いますが、それもお芝居の域を超えたものなのでぜひ観ていただきたいです」とアピール。

マネージャー・幹を演じた橋本さんは「近くで見ていてとても過酷だなと感じました。本当に急な坂を上っていて、過酷すぎて胸が痛む思いをしました」と語ると、すかさず三木康一郎監督が「あなたは楽しんでたよね」とツッコミ。さらに「それは監督ですよね!みんなきつそうだよねって笑ってました」と橋本さんが反論し会場も沸く。

『弱虫ペダル』キックオフイベント(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008
そんなハードな撮影について三木監督は「最初はCGを使った撮影をしようとしたのですが、全員にやってもらおうと思い直しました」と告白。伊藤さんは監督から「本気できついからマジで練習しなよ」と言われたそうで、永瀬さんは「CGという案があったことすら知らなかった」と驚いていた。

また永瀬さんが、伊藤さんや坂東龍汰と1年生チームで神社へ参拝したエピソードを披露する一幕も。「恋みくじをひいたら、(永瀬は)『大吉』が出て」と切り出すと、坂東さんが「自分は『小吉』だった」と続け、伊藤さんが「2人の真ん中だったので『中吉』だな」と息ぴったりな掛け合いに。そして永瀬さんが「その後にコンビニで傘買ったり、焼き肉いったり…。あれは青春でした」と撮影中の思い出を明かす。

『弱虫ペダル』キックオフイベント(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008
イベント最後には、永瀬さんが「全力で自転車に挑んで、ロードレースの疾走感を大事にしました。青春の尊さやがんばろうという気持ちを思い出させてくれる作品になっていると思うので、みなさんぜひ観てください」と締めくくった。

『弱虫ペダル』は8月14日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top