『オールド・ガード』で注目!ルカ・マリネッリ最新作『マーティン・エデン』場面写真

Netflix映画『オールド・ガード』で不死身の特殊部隊のニッキー役を演じ、話題を集めるルカ・マリネッリの主演最新作『マーティン・エデン』が9月に公開。この度、ルカが作家を目指す青年を熱演する場面写真が解禁された。

映画 洋画ニュース
『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
  • 『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
  • 『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
  • 『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
  • 『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
  • 『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
  • 『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
  • 『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
  • 『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
Netflix映画『オールド・ガード』で不死身の特殊部隊のニッキー役を演じ、話題を集めるルカ・マリネッリの主演最新作『マーティン・エデン』が9月に公開。この度、ルカが作家を目指す青年を熱演する場面写真が解禁された。

映画化もされた冒険小説「野性の呼び声」で世界的名声を獲得した作家ジャック・ロンドンの自伝的小説を、イタリアを舞台に映画化した本作。

監督は、2019年トロント国際映画祭審査員プラットフォーム賞、2020年イタリア・アカデミー賞脚色賞を受賞し、ポン・ジュノ監督も注目する新鋭ピエトロ・マルチェッロ。無学の青年が教養に触れ、独学で底辺から高みに上り詰めようとする切望と激情を圧倒的な迫力をもって描き切った青春文芸ドラマだ。

『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
原作者ジャック・ロンドンの波乱万丈な生きざまをベースに、イタリアに舞台を移して生み出された主人公、マーティン・エデンを演じたのは、ローマ生まれのルカ・マリネッリ。『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』ジンガロ役で見せた狂気や、Netflix映画『オールド・ガード』のニッキー役でのロマンスが話題となり、いままさに注目度上昇中、今後のさらなる活躍が期待されている。

『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
「ルカ・マリネッリはすべてのシーンにおいて圧巻だ」(ハリウッド・レポーター)と言わしめた本作での熱演は、第76回ヴェネチア国際映画祭において『ジョーカー』のホアキン・フェニックスを抑えて見事、男優賞に輝いた。

『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
解禁された場面写真は、日本版オリジナル・ポスターにも使用されている路地裏の荒んだ雰囲気で煙草をくわえるショットに加え、シルクハットの姿も。労働者階級の民衆たちと社会主義の集会に参加し険しい表情を見せる姿も鮮烈。

『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
また、文学に目覚めタイプライターに向かう真摯な姿、人生を変えた運命の女性・エレナとの穏やかな時間を切り取った場面も。予告編でも紹介されているパーティで蝋燭を素手で消す場面など、激しいドラマを感じさせる8点となっている。

『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
『マーティン・エデン』は9月、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top