ルカ・マリネッリ、イタリアから世界へ!ヴェネチア男優賞を受賞した役作りとは?

『オールド・ガード』でSNSを中心に話題沸騰中のルカ・マリネッリは主演映画『マーティン・エデン』でヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞。独学で作家を目指す労働者階級の青年の役作りに迫った。

映画 洋画ニュース
Netflix映画『オールド・ガード』で不死身の傭兵を演じ、いまSNSを中心に話題沸騰中のルカ・マリネッリ主演映画『マーティン・エデン』。昨年のヴェネチア国際映画祭で『ジョーカー』のホアキン・フェニックスを抑えて男優賞に選ばれた彼は、本作では独学で作家を目指す労働者階級の青年を熱演する。

>>『マーティン・エデン』あらすじ&キャストはこちらから

労働者地区に生まれ育った貧しい船乗りの青年マーティンが、上流階級の娘エレナと恋に落ち、教養に目覚める。本作は、作家を目指し、独学で底辺から高みへと上り詰めようとする彼の切望と激情をルカ・マリネッリが全身全霊で演じた青春文芸ドラマ。

『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
マリネッリは1984年生まれ、イタリア・ローマ出身。父、叔母が声優として活躍する俳優一家に生まれ、なんとイタリア語、スペイン語、英語、フランス語、ドイツ語の5か国語を使いこなすマルチリンガル。ローマの演劇学校シルヴィオ・ダミーコ国立演劇芸術アカデミーを卒業。映画の吹き替えでキャリアを積み、2006年から俳優として本格的に活動を始めた。

名匠パオロ・ソレンティーノ監督の『グレート・ビューティー/追憶のローマ』(14)での好演を経て、ベルリン国際映画祭において欧州出身の期待の若手俳優に与えられる「シューティング・スター賞」を受賞。永井豪原作のアニメ「鋼鉄ジーグ」にインスパイアされた『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(17)で潔癖症の悪役を怪演し、イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞助演男優賞に輝くなど、若くして数多くの賞を受賞している実力派だ。

2017年にはアカデミー賞監督ダニー・ボイルが手掛けたドラマシリーズ「TRUST/トラスト―ゲティ家のスキャンダル」に大富豪に孫の身代金を要求するマフィア役で出演、ドナルド・サザーランドと共演を果たしている。

『マーティン・エデン』 (C)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE
そして『マーティン・エデン』では、労働者階級で働きづめのマーティンを演じるにあたり、準備段階からトレーニングで身体を作りこんだ。撮影の1か月前からナポリでリハーサルをし、訛りや地元民らしいフィジカル・ランゲージを身に着け、上流階級の女性との恋、作家になる夢、目の前に押し寄せる貧困、独学で作家を目指す無学の青年の切望と激情が交錯する複雑な役柄を全身全霊で体現した。

さらに7月に全世界配信されたNetflix映画『オールド・ガード』ではシャーリーズ・セロン率いる不死身の傭兵部隊のメンバー、ニッキーとして登場、全世界から注目を浴びる俳優へと進化している。次回主演作として、イタリアの人気コミックを原作にマルコ・マネッティとアントニオ・マネッティ兄弟が手掛けたクライム映画『Diabolik』(原題)の公開が控えているところだ。

『マーティン・エデン』は9月よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top